アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 氷川きよしが『日本有線大賞』 2年連続最多8度目

氷川きよしが『日本有線大賞』 2年連続最多8度目

 有線放送へのリクエストが多かった歌手やヒット曲を表彰する年末恒例の『第46回日本有線大賞』(主催:全国有線音楽放送協会)が11日発表され、演歌歌手の氷川きよし(36)が2年連続最多8度目の「大賞」に輝いた。

【写真】その他の写真を見る


 大賞候補の有線音楽優秀賞8組の中から自身の名を呼ばれ、目を丸くして驚いた氷川は、AKB48水森かおり(40)らの祝福を受け、山本譲二(63)ともガッチリ握手。マイクを握ると「ありがとうございました」と全国からのリクエストに感謝し、満面の笑みで「満天の瞳(ほし)」を披露した。

 氷川は2000年の第33回に「箱根八里の半次郎」で最優秀新人賞を受賞して以来、五木ひろし(65)と並んで最多の14年連続出場。大賞は初受賞した2003年から11回中8度目で、自身が持つ最多記録を更新した(2位はテレサ・テンさんの3度)。

 授賞式の模様は東京・赤坂のTBSから生中継され、司会は俳優・沢村一樹とモデル・トリンドル玲奈、TBSの枡田絵理奈アナが務めた。各賞受賞者は以下のとおり。

■『第46回日本有線大賞』各賞・受賞者一覧
<日本有線大賞>氷川きよし
<有線音楽優秀賞>AKB48、大月みやこきゃりーぱみゅぱみゅJUJU西野カナ、氷川きよし、水森かおり、山本譲二
<新人賞>新里宏太福田こうへい
<特別賞>「愛は勝つ」KAN(20年以上リクエストされ続けている実績に対して)



関連写真

  • 2年連続最多8度目の『日本有線大賞』を受賞した氷川きよし(C)TBS
  • 大賞受賞後もしばらくは驚きを隠せなかった(C)TBS
  • 「ありがとうございました」と全国からのリクエストに感謝した(C)TBS
  • 満面の笑みで「満天の瞳(ほし)」を披露(C)TBS
  • 2年連続最多8度目の『日本有線大賞』を受賞した氷川きよし

オリコントピックス