AKB岩佐美咲が初のご当地ソング 『ポニョ』の鞆の浦が舞台

 AKB48唯一の演歌歌手・岩佐美咲(18)が、来年1月8日に発売する第3弾シングルのタイトルが「鞆の浦慕情」(とものうらぼじょう)に決定した。広島・福山市の鞆の浦を舞台に大人の恋心を綴った、初のご当地ソングとなった。

【写真】その他の写真を見る


 作詞を手がけたAKB48の秋元康総合プロデューサーの「これまでより、より一層演歌色を強くしたい」との意向で、テーマを「港」に。スタジオジブリのアニメ映画『崖の上のポニョ』(08年)のモデルとなり、今年公開されたハリウッド映画『ウルヴァリン:SAMURAI』のロケ地にもなった風光明媚な「鞆の浦」が舞台に選ばれた。

 初公開された新ビジュアルやジャケット写真も同所の風景をバックに撮影。シンボルとして知られる燈籠塔とともに、趣のある作品に仕上がった。

 初回限定盤の付属DVDには、表題曲のミュージックビデオおよびメイキングのほか、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」演歌バージョンの特典映像が収録される。

関連写真

  • 「鞆の浦慕情」初回限定盤
  • 通常盤
  • AKB48の岩佐美咲

オリコントピックス

メニューを閉じる