• ホーム
  • 芸能
  • みのもんた、事件後に次男と対面していた「顔だけ見て5分で家出た」

みのもんた、事件後に次男と対面していた「顔だけ見て5分で家出た」

 窃盗容疑で次男の御法川雄斗容疑者(31)が逮捕され、25日にTBSの情報2番組を降板したタレント・みのもんた(69)が26日、都内で記者会見を行った。約2ヶ月間にわたり沈黙を続けたみのは「彼が収監されてから話していない。一度だけ自宅に会いに行った」と告白し、「何もしゃべりませんでした。僕は顔を見て5分で出ました。彼からは何もありません。彼は板の間で僕の顔を見て、何か言いかけましたけど、僕は無視して顔だけ見て出た」と明かした。

 会見中に何度も「馬鹿息子」と辛らつに次男を非難したが、「彼は職を失い、厳しい社会の非難に晒され、苦しい日々を送ってると思います。多くのものを彼は失いました。苦しんでいると思います」と心境を察し、「みのもんたの息子じゃなかったら、僕が普通な平凡なサラリーマンだったら、馬鹿やろうで済んでいたかもという人もいた。厳しいなと思うけど仕方ない。(次男の再出発は)大変なプレッシャーだと思います」と父親としての葛藤を語った。

 今回の不祥事で「どこかが子育ての中で、何か間違っていたのではないか、不完全な形で世の中に送り出してしまったのではないか…」と親の責任を強調し、1時間以上に渡って行われた会見の最後を「馬鹿野郎!」と息子に向けて一喝し、会場を後にした。

【無料エンタメ動画】旬なタレントや最新トレンドが満載



関連写真

  • 目に涙を浮かべて謝罪するみのもんた (C)ORICON NewS inc.
  • 深々と頭を下げるみの (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス