• ホーム
  • 芸能
  • 『第7回好きなスポーツ選手』イチローが5連覇で殿堂入り&女性部門は浅田真央が返り咲き首位

『第7回好きなスポーツ選手』イチローが5連覇で殿堂入り&女性部門は浅田真央が返り咲き首位

■ランキング表はこちら

 “スポーツの秋”にちなみ、ORICON STYLEではこの時期恒例の『第7回 好きな男性・女性スポーツ選手ランキング』を発表。「男性部門」は、先ごろ日米通算4000本安打を達成した【イチロー】選手が同ランキング5連覇を達成し殿堂入り。また「女性部門」ではフィギュアスケートの【浅田真央】が昨年2位から返り咲き首位となった。

■もはや“生ける伝説”のイチローが文句なしの殿堂入り!!

 イチロー選手といえば、常に同ランキングの「男性部門」の首位を定位置としてきた日本が世界に誇る至宝。毎年さまざまな記録達成に対する周囲の期待に常に応えてきたプロアスリートの象徴的な存在。そんなイチロー選手の、これまでに打ち立ててきた記録の“集大成”といえるのが、今年8月に達成した日米通算4000本安打だ。

 これまでメジャーリーグで4000本安打を達成している選手は、2人しかいない。4256本のピート・ローズと、4191本のタイ・カッブだ。近代ベースボールでは不可能とされてきた前人未到の大記録に日本中が歓喜したことは記憶に新しい。「世界に誇れるプレーヤーだから」(茨城県/20代/男性)、「当たり前のように、実績を積み重ねて行く姿」(新潟県/40代/女性)など、惜しみない賞賛の声がイチローに贈られている。

 39歳という年齢から、ここ数年は限界説も囁かれていたイチロー選手。だが、孤高の天才バッターが世間からの風評をものともせず、ストイックに野球に取り組んだ結果、文字通りの“生ける伝説”となったことは、まさに日本の誇りと言えるだろう。

■同性からの支持が年々上昇している浅田真央

 「女性部門」で首位となった浅田選手といえば、イチロー選手と並び同ランキング上位の“常連”。力強くも華麗に氷上を舞う類まれな演技力は言うまでもなく、フィギュア界をけん引するエースとして、常に第一線で活躍してきたことがその人気の要因。「ハイリスク・ノーリターンでも難しい技にこだわる競技者としての姿勢。ケガをしていても体調が悪くても決して言い訳をしない人間としての姿勢。すごいとしか言えない」(東京都/20代/女性)、「ストイックに練習をしているし、演技が上手くいかなくても言い訳をしないところに好感が持てます」(新潟県/20代/女性)と、フィギュアに傾ける真摯な姿勢が、同性からの支持に繋がっている。

 もちろん異性からの支持も依然として高く、「応援しなきゃいけない気になっちゃう健気さ」(栃木県/40代/男性)など、彼女の容姿はもちろん、ピュアなハートにも胸打たれる男性陣が多いようだ。本格的なフィギュアシーズンがいよいよ到来するが、彼女のさらなる活躍に大いに期待したい。

■世界を舞台に活躍するアスリートがズラリ!!

 そのほか、上位ランキングを男女別に見ると、やはり日本のスポーツ界を担う若手アスリートたちが並ぶ。「男性部門」2位には、ロンドン五輪個人総合金メダルを獲得し、現在も“無双”と言える強さを誇る男子体操の【内村航平 】。そしてサッカー日本代表の大黒柱とも言える【本田圭佑】選手が3位。公式戦負けなしの24連勝という日本プロ野球新記録を達成した【田中将大】が4位につけている。

 また「女性部門」でも、2020年東京五輪開催が決定した国際オリンピック委員会総会での招致プレゼンテーションでのスピーチも話題となった女子体操【田中理恵】選手(5位)、“霊長類最強女子”として五輪3連覇という無敵の強さとは裏腹にチャーミングなキャラクターを持ち合わせた女子レスリング【吉田沙保里】選手(2位)が上位に選ばれた。

 こうして見ると男女ともに、世界で活躍する日本人アスリートたちが数多く存在することを改めて認識できる。彼らの今後の活躍はもちろん、彼らの背中を見て急成長する次世代アスリートたちの活躍にも熱視線を送りたい。

TOP10ランキング表

【調査概要】
調査時期:2013年10月4日(金)〜10月9日(水)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査


関連写真

  • 女性部門は浅田真央が首位に返り咲き (C)ORICON NewS inc.
  • 男性部門2位の内村航平 (C)ORICON NewS inc.
  • 女性部門5位の田中理恵 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス