アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • コージー冨田、“スケバン恐子”誕生秘話明かす やっくん死去に「まだ受け止めきれない」

コージー冨田、“スケバン恐子”誕生秘話明かす やっくん死去に「まだ受け止めきれない」

 物まねタレントのコージー冨田が6日、きのう5日にお笑いタレントの桜塚やっくん(本名:斎藤恭央さん 享年37)の訃報を受け、自身のブログで、桜塚さんの代名詞となった“スケバン恐子”の誕生秘話を明かしている。

 きっかけは、「あばれヌンチャク」としてコンビを組んでいた頃といい、「山梨の番組で一緒になった」際に、コージーが「目があゆに似てるね」と言ったことがきっかけだった。“スケバン恐子”は浜崎あゆみ似のキュートなルックスが人気を呼んだが、その時は「はじめて言われましたよ〜」と本人も気づいていなかったという。

 その後、「何年かしてエンタの神様に‘スケバン恐子’という芸人が出てきた。男なのにかわいいな〜と思っていた。見るとネタも面白い。スケバン恐子は瞬く間にブレイクしていった」が、コージーは桜塚さんとは気づかなかったといい、ある日、偶然テレビの収録で「休憩時間の時にトイレに立つと、スケバン恐子が話しかけてきた。コージーさん、お久しぶりです!」と言われ、初めて桜塚さんだとわかったと明かしている。

 コージーが「久しぶりだね〜、エンタ見てるよ!!」と伝えると、「ありがとうございます。僕コージーさんに目があゆに似てるねって言われてこのキャラやろうって思ったんです!」と自身の発言がきっかけだったと感謝されたといい、「ありがたがってくれているのでダメ元で…それならさぁ、今度俺のライブ、ゲストで出てよ!」と誘うと「ありがとうございます、もちろんです!!」と返事を受け、それから本格的な付き合いになったという。

 それからは「一緒によく飲んだ。一緒にクイズやった。一緒になぞかけもやった。一緒にうたばんも出た。本番の時、竹刀で突っ込まれたけど、やっくんのテンション上がりすぎててちょっと痛かった やっくん監督の映画も出してもらった。美女men、みんな可愛かった」と明かし、あふれる思い出を綴っている。

 さらに、「正直まだ受け止めきれていない」と本音を吐露し、「みんなで私を騙そうとしているのではないか? しかし昨日も今日もニュースになっているということは、残念ながら事実のようだ。突然のことだったので自身も気がついていないのではないだろうか。まだまだやりたいことがたくさんあったと思う」と無念さをにじませ、「やっくん…いままでありがとう。安らかにお眠り下さい」と友人の死を嘆いている。



オリコントピックス