• ホーム
  • 音楽
  • 河合奈保子の愛娘kaho、14歳で歌手デビュー 堀北主演ドラマ主題歌抜てき

河合奈保子の愛娘kaho、14歳で歌手デビュー 堀北主演ドラマ主題歌抜てき

 オーストラリア在住の14歳女性シンガー・ソングライター、kaho(かほ)が、11月27日にCDデビューすることがわかった。デビュー曲「every hero」は10月15日スタートの堀北真希主演ドラマ『ミス・パイロット』(毎週火曜 後9:00〜 フジテレビ系)の主題歌に決まった。宇多田ヒカルを手がけた三宅彰プロデューサーが惚れ込んだ逸材とあり、14歳の歌姫に大きな注目が集まりそうだ。

 kahoは東京生まれで、現在はオーストラリア在住。母親は元アイドル歌手の河合奈保子さんで、父親はかつて宇多田のヘアメイクを担当していた金原宜保氏。両親の影響で幼少期からスティービー・ワンダー、マイケル・マクドナルドといった音楽に触れて育ち、6歳のころ母親の見よう見まねでピアノを弾き始めた。9歳のときには父親からボイスレコーダーをプレゼントされ、ピアノ弾き語りを吹き込むことで作曲の面白さを覚え、自宅に揃え始めた録音設備で12歳から本格的に作詞作曲活動を開始した。

 父・金原氏を通じてデモ音源を試聴した三宅プロデューサーは「kahoの歌とその創り出す音楽に初めて触れた瞬間、今までにない新しさとそこはかとない懐かしい衝動が走りました。しかもそれが当時13歳の女の子の奏でる音楽だなんてまさに奇跡」と才能に惚れ込み、ソニー・ミュージックレコーズにプレゼン。即契約に至り、デビューに向けて三宅氏と楽曲制作に入った。

 その後、多数の主題歌候補アーティストの中からkahoのデモ音源を聴いたフジテレビの後藤博幸プロデューサーが『ミス・パイロット』の主題歌に大抜てき。「太く奥行きのある声質が航空ドラマの持つ壮大なイメージとぴったりはまり、より高揚感ある方向へ導いてもらえると思い、お願いしました。14歳にしてあれだけの歌声を出せるkahoさんの才能。その久しぶりの“登場感”に魅了されました」と力を込めた。

 両A面のデビューシングル「every hero/Strong Alone」は11月27日発売。kahoは「私の楽曲が、ドラマの主題歌に起用されるということで、正直とても驚いています。これから日本はもとより、世界中の人たちに私の歌で幸福を届けられるよう頑張ります」と初々しく意気込んだ。

◆kahoプロフィール
本名非公表、1998年11月1日、東京生まれ。オーストラリア在住。英語、日本語、フランス語を操るトライリンガル。11月27日、両A面シングル「every hero/Strong Alone」でソニー・ミュージックレコーズからCDデビュー。



オリコントピックス