• ホーム
  • 芸能
  • 宮崎駿監督、引退会見「今回は本気です」

宮崎駿監督、引退会見「今回は本気です」

 現在公開中の映画『風立ちぬ』をもって長編映画からの引退を発表した宮崎駿監督(72)が6日、都内で会見を開き、自らの口で引退を報告した。無数のフラッシュを浴びながら登壇した宮崎監督は「何度と辞めようと言って騒ぎを起こしてきました人間ですが、今回は本気です」と笑みを浮かべながら決意をにじませた。

【写真】その他の写真を見る


 宮崎監督は「『風立ちぬ』は『ポニョ(崖の上のポニョ)』から5年かかってる。5年かかるんです。次の作品、考え始めると5年じゃすまない。この年齢だと、あと3ヶ月で73(歳)。7年かかると80(歳)になる。あと10年仕事が続けられたらいいなと思うが、僕の長編アニメーションの時代は終わったんだと思っています」と感慨深げに語った。

 今後については「僕は自由。やらない自由もあるんですが、車が運転できる限り、毎日アトリエには行こうと思っている。休んでいるうちに見えることがあると思う」と語りつつ「前からやりたかったことをやろうと思ってる。それはアニメーションではございません。(何をやるかは)やれなかったらみっともないので言いません」と肩を揺らした。

 海外メディアを含め、報道陣約600人が詰めかけた注目の会見には、スタジオジブリの鈴木敏夫代表取締役プロデューサー、星野康二代表取締役社長も同席。鈴木プロデューサーは「必ず終わりが来る。落ちぶれて引退するのはかっこ悪いと思っていた。なので『風立ちぬ』が支持されているときにこのことを決めた。そういうことでいうと良かったと思う」と語り、今後のスタジオジブリについては「11月23日公開の『かぐや姫の物語』(高畑勲監督)の物語を鋭意制作中。来年の夏を目指してもう1本、映画を製作中です」と明かした。

 スタジオジブリの将来に対して宮崎駿監督は「やっと上の重しがなくなるから『こんなことをやらせろ』という声が、鈴木さんに届くことを願っている」と呼びかけた。

 イタリア・リド島で開催された『第70回ベネチア国際映画祭』で現地時間1日、スタジオジブリ・星野社長が公式会見の場で「世界にたいへん友人の多い宮崎駿に関しての発表をこの場でさせていただきます。『風立ちぬ』を最後に、宮崎駿監督は引退することを決めました」と電撃発表。宮崎監督がどんな思いで引退を決意したのか、今後や後継者についてなど、発言に注目が集まっていた。



関連写真

  • 宮崎駿監督(撮影:6日・吉祥寺第一ホテルにて) (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)鈴木敏夫プロデューサー、宮崎駿監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 宮崎駿監督の引退会見の模様(左から)鈴木敏夫プロデューサー、宮崎駿監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 引退会見を行った宮崎駿監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 引退会見を行った宮崎駿監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 宮崎駿監督の引退会見に同席した鈴木敏夫プロデューサー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス