アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ひいらぎ、今秋のライブで解散 13年の活動に終止符

ひいらぎ、今秋のライブで解散 13年の活動に終止符

 札幌出身の女性アコースティックデュオ・ひいらぎが今秋行われる結成13周年記念ワンマンライブをもって活動に終止符を打ち、解散することが26日、明らかになった。所属事務所が発表した。

 同日公式サイトにもコメントを寄せており、千昌(Vo&G)は「今年6月で約5年間お世話になったレコード会社との契約が終了になり、今後ひいらぎとしての活動をどうしていこうか2人で考え、話し合いを重ねた結果、解散という答えを出しました。2人で話をしている中で、これからそれぞれが音楽に対してやっていきたい事が少しだけ違っていて、それならば一度きりの人生、お互いが自分自身とそして音楽と向き合ってやりたい事をやっていこうという事になりました」と解散の理由を説明。

 恵梨香(Cho&G&h)は「今回は急な解散のお知らせで驚かせてしまって本当にごめんなさい」とファンに謝罪しつつ「これからの事を考えた時に自分としてはもう音楽を発信する側じゃなくていいのかな?と思いました」と告白。「音楽を始めて15年、ひいらぎとして13年、音楽を表現し発信する側としてずっとやってきましたが、発信者、表現者として自分はもう限界です。音楽は大好きなので、これからは発信者としてではない形で音楽と関わって行くつもりです」と綴っている。

 ひいらぎは2000年結成。地元の札幌・狸小路にて路上ライブを中心に活動し、狸小路の名物の一つにもなっていた。2009年2月に「みず」でメジャーデビュー。活動の幅を全国に拡げこれまでにシングル10枚、アルバム2枚を発表している。

 解散ツアーとなる同ライブは、10月19日の東京・Shibuya eggmanを皮切りに、名古屋・ell.FITSALL(11/2)、大阪・梅田シャングリラ(11/ 3)、最期は地元の札幌・cube garden (11/16)で行われる。



オリコントピックス