秋元才加、緑一色の東京ドームで涙「AKB48を愛しています」

AKB48の5大ドームツアー東京公演初日が22日、東京ドームで開催され、アンコールで秋元才加(25)の卒業セレモニーが行われた。2006年4月の劇場公演デビューから7年4ヶ月。チームK一筋だった秋元を送り出すため、4万2000人で埋め尽くされた客席は、チームKカラーの緑のペンライト一色に。大島優子、宮澤佐江、梅田彩佳、小林香菜、OG大堀恵、野呂佳代、河西智美、増田有華、松原夏海の2期生9人で未発表の卒業ソング「強さと弱さの間で」(発売未定)を初披露すると、地鳴りのような歓声が沸き起こった。

1年ぶりとなる東京ドーム公演初日は、まさに才加デーだった。AKB48の代表曲「フライン...

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索