アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 秋元才加、緑一色の東京ドームで涙「AKB48を愛しています」

秋元才加、緑一色の東京ドームで涙「AKB48を愛しています」

 AKB48の5大ドームツアー東京公演初日が22日、東京ドームで開催され、アンコールで秋元才加(25)の卒業セレモニーが行われた。2006年4月の劇場公演デビューから7年4ヶ月。チームK一筋だった秋元を送り出すため、4万2000人で埋め尽くされた客席は、チームKカラーの緑のペンライト一色に。大島優子、宮澤佐江、梅田彩佳、小林香菜、OG大堀恵野呂佳代河西智美増田有華松原夏海の2期生9人で未発表の卒業ソング「強さと弱さの間で」(発売未定)を初披露すると、地鳴りのような歓声が沸き起こった。

 1年ぶりとなる東京ドーム公演初日は、まさに才加デーだった。AKB48の代表曲「フライングゲット」でセンターを務め、チームK1st公演(2006年4月1日〜7月5日)で歌った「スカート、ひらり」を当時のメンバー・衣装のまま、同期の大島、宮澤、梅田、小林とともに熱演。秋元の代表曲「ウッホウッホホ」では、ゴリラの衣装を着用し、前かがみで勇ましく胸を叩きまくって、いつも以上になりきってみせた。

 客席が一面、緑の草原となったアンコール。黒のロングドレス姿で登場した秋元は、今年1月に行われた恒例の“楽曲版総選挙”『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100』で5位にランクインした劇場公演ソロ曲「虫のバラード」を万感の思いを込めて熱唱。歌い終わると、右目から一筋の涙がこぼれ落ちたが、涙をみせたのは最初で最後、このときだけだった。

 ブルーのドレスに着替え、スポットライトを浴びた秋元は「AKB48に入ったころは、こんなに大きな会場で、たくさんの皆さんに見守られながら卒業をお祝いしていただけるなんて思っていませんでした」と感激。言葉を詰まらせる場面もあったが「うれしいことがありました。秋元(康)先生が私に卒業曲を書いてくださいました」と報告。割れんばかりの大歓声のなか「恵まれた環境で私を育ててくれたAKB48を、私はとても愛しています」とあいさつした。

 客席から「サヤカ」「ありがとう」の声が飛び交うなか、秋元の卒業ソング「強さと弱さの間で」を初披露。続けて、花道を作るメンバーと4万2000人の観客に見送られ、チームK公演曲「To be continued.」を熱唱し、壇上で待っていたOG5人の元へ。「AKBにいた日々は、すごく幸せな日々でした」と深々一礼し、凛とした姿でステージを後にした。

 大島は顔をくしゃくしゃにして号泣しながらも「あの人異端児っぽかったし、AKBという枠を広げてくれた人だから、みんなのために道を開いてくれると思うんだ。私たちも負けずに頑張るしかない」と送り出し「才加、こんなにコールしてもらえてよかったね」と泣き笑いした。



オリコントピックス