アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 穂のか、舞台降板を謝罪「何を言っても許されないことだと」

穂のか、舞台降板を謝罪「何を言っても許されないことだと」

 お笑いコンビ・とんねるず石橋貴明の長女で女優の穂のかが18日、自身のブログを更新。舞台『タクシードリーマーズ〜あったかハートに夢のせて〜』を降板し、自身の代役が見つからず中止になったことを受け「このたびは、体調不良により多大なるご迷惑をおかけしましたこと、心より深く、深く謝罪致します。申し訳のない思いでいっぱいです」と謝罪した。

 穂のかは「少しだけ経緯をお話させていただきますと」と切り出したブログで、降板に至るまでの経緯を「舞台稽古の初日だった8月2日。私は私自身の身体をコントロールできない状況に陥りました。前日にも身体の痺れが止まらず、嘔吐してしまうようなことがあったのですが、2日のそれはとても酷く、脱力感というか身体にまったく力の入らない、立つことすらままならない状態となり、お休みせざるを得なくなってしまいました」と説明。

 当日の状況を「行き場の無い状況の中にありながら、後日、私はマネージャーの勧めでお医者さまに診ていただきました。積み重なったストレスが原因で、症状は重度との診断でした」と明かした。

 また、「たとえ親の死に目に会えないような事にあったとしても、なにかの病気にみまわれたとしても、決めた仕事はやり遂げる、そんなこと、この世界だけに及ばず、一社会人としての責任のはずなのに。何を言っても許されないことだと思っています」と反省の弁を述べつつ、「どんなことでも常に頑張るしかない、と自ら言いきかせ続けプレッシャーや責任感と闘ってきたけれど、結果、人様に多大な迷惑をかけてしまった」と綴っている。

 今後については「今回のことを忘れずに、これからはもっともっと自身と向き合い、決して人様に迷惑をかけないようまた一から、前向きに、ひたむきに、女優業に励みたいと願います」と仕事により精進していくことを誓っている。



オリコントピックス