• ホーム
  • 芸能
  • 若槻千夏、自身のブランド『WC』から退任「非常に残念に思う」

若槻千夏、自身のブランド『WC』から退任「非常に残念に思う」

 タレント・若槻千夏が、12日付のブログで、自身のブランド『w・c』(・=ハート)を7月31日をもって退任したことを発表した。「昨年の末まで専属デザイナーを勤め、今年からアドバイザーとして関わってきましたが、7月31日をもってw・cを退任いたしました」と報告した。

 ブランド自体は今後も存続するとしながらも「今後のw・cと若槻千夏の関係がゼロになってしまった事、非常に残念に思います。これが話し合った結末です」と綴り、「w・cを好きでいてくれたファンの方に笑顔で報告できない事、大変申し訳なく思います」と無念さをにじませている。

 それでも「服作りを続けて行きたいと思っています。新たに前を向き、また皆さんを笑顔にできる服を作りたい。それだけです」と今後も服つくりは続けるとし、「皆さまに可愛がって頂いているクマタンに関してはこれから先も若槻千夏と共に歩んで行きます」と同社のキャラクターは若槻が引き継ぐとしている。



オリコントピックス