• ホーム
  • 芸能
  • こんな時代だから「ポイントで買い物」大規模キャンペーンの実施も

こんな時代だから「ポイントで買い物」大規模キャンペーンの実施も

 「アベノミクス」の成果か、5月30日に経団連から発表された大手企業の夏季賞与支給予想額は、前年比7.37ポイントアップの84万6376円と、2年ぶりに上昇に転じている。とはいえ「景気回復の実感がない」という人は多く、楽天リサーチが同月23日に発表した調査によると、夏のボーナスの使い道の1位は『貯蓄』(40.8%)で、『生活費の補填』や『ローン・借金返済』といった意見も多数寄せられていた。

 そんな状況の中、注目を集めているのはポイント制度だ。近年ではインターネットモールやクレジットカードをはじめ、さまざまな企業がポイント制を取り入れ、利用者数も増加。商品や金券がもらえる、使用ポイントの数だけ割引を受けられる等の差はあれど、運営側はさまざまなキャンペーンを開催し、消費者に訴求している。

 その中のひとつが、インターネットモール『楽天市場』が1日から31日まで開催する『楽天ポイント500万円分プレゼントキャンペーン』だ。内容はFacebookユーザーを対象に「500万円分の楽天ポイントを抽選で1名に進呈する」というもので、希望者は商品の購入の有無にかかわらず、楽天市場の公式Facebookページに「いいね!」を押すだけで参加できる。

同社は2010年6月からFacebookページを開始し、ユーザーを対象にしたポイントキャンペーンやセールなどを実施してきたが、今回の「500万ポイント」という当選規模は初。毎月使えるポイント数には上限を設けるものの、500万円分のポイントを一度に受け取れる高揚感、これまで我慢してきた買い物を一気に行えるという興奮、ポイントを活用することで毎月の支出を抑えることができるという現実的な有難さをアピールしていく。



タグ

オリコントピックス