• ホーム
  • 芸能
  • X JAPAN、1年9ヶ月ぶり会見 来年の世界ツアー構想明かす

X JAPAN、1年9ヶ月ぶり会見 来年の世界ツアー構想明かす

 ロックバンド・X JAPANが20日、都内で1年9ヶ月ぶりに記者会見を開いた。リーダーのYOSHIKIは「全員が集まるの、ないよね。変なバンドですね」と苦笑しながら、今後の予定について「来年、世界ツアー第2弾を計画中。日本でも地方を回れたら」と構想を発表した。

【写真】その他の写真を見る


 2011年8月のサマーソニック会場以来、実に1年9ヶ月ぶりにメンバーが日本に集結。これまで公の場に登場して来なかった理由についてYOSHIKIは「X JAPANのショーは、とてもフィジカルやメンタルの面でも体力が必要なので、充電期間を取っていたということで」と説明。メンバー同士は水面下でレコーディングなどは行っていたといい「一筋縄ではいかないバンドなので、いろいろ解決しつつ、前に進んでます」と語気を強めた。

 再び世界ツアーを行うと口にしたYOSHIKIは「前回は北米から回った。なので、次は日本からというのがある。来年の早い時期にと思ってる。無謀じゃないプランを立てていきたい」と前を向いた。

 また、復活以降ライブやツアーを展開しつつもアルバムを発表していないが、YOSHIKIは「今、アルバムの形態でいいのかとか、悩んだりしてる。順番が変になってますね。予定はあります」と淡々と語っていた。

 会見開始予定時刻から約40分過ぎて報道陣の前に現れた5人はこの日、東京・台場デックス東京ビーチにオープン中の施設『マダム・タッソー東京』に展示される等身大フィギュアお披露目式で、自身のフィギュアと対面。

 YOSHIKIの等身大フィギュアは2011年11月に発表されていたが、改めて対面し「なんか、前と顔変わった気がするけど、気のせいかな」とおどけ、ギターのPATAは「一緒に飲みに行きたくないですね」と“もう一人の自分”にツッコミ。ベースのHEATHは「こちらの方が半年若い」とまじまじと見つめ、SUGIZOは「すごく光栄」と頬を緩ませた。

 ボーカル・ToshIのフィギュアは、スケジュールの都合でまだ制作されていないが、「今、(製作の)順番待ち」と語っていた。メンバー3人のフィギュアは、昨年9月より都内で採寸作業を開始し、全身150〜200ヶ所のデータを元に1体約4ヶ月の製作期間を要して完成。1体の制作費は約2100万円となる。

 この日披露されたメンバーの等身大フィギュアは、東京・台場のデックス東京ビーチに開業中の『マダム・タッソー東京』にて常設展示される。



関連写真

  • X-JAPANが倍増!?等身大フィギュアが公開 (C)ORICON NewS inc.
  • 「全員が集まるの、ないよね」と苦笑いで語ったYOSHIKI (C)ORICON NewS inc.
  • 『マダム・タッソー東京』等身大フィギュアお披露目式に出席したX-JAPAN・SUGIZO (C)ORICON NewS inc.
  • 『マダム・タッソー東京』等身大フィギュアお披露目式に出席したX-JAPAN・PATA (C)ORICON NewS inc.
  • 『マダム・タッソー東京』等身大フィギュアお披露目式に出席したX-JAPAN・Toshl (C)ORICON NewS inc.
  • 『マダム・タッソー東京』等身大フィギュアお披露目式に出席したX-JAPAN・YOSHIKI (C)ORICON NewS inc.
  • 『マダム・タッソー東京』等身大フィギュアお披露目式で登場したX-JAPANの等身大フィギュア (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス