アイドルグループ・HKT48が27日、女性アイドルグループ最速のCDデビューから1ヶ月と7日で初の東京・日本武道館公演を行った。HKT48にとって初のコンサートが武道館の大舞台。しかも満員のファンに360度ぐるりと囲まれたセンターステージとあり、平均年齢15.1歳のメンバー39人は緊張でガチガチになりながらも、初々しいパフォーマンスで大声援を浴びた。 2011年10月に48グループの“4女”として、AKBの握手会(埼玉・西武ドーム)で1期生21人がお披露目されてから1年半。そして、今年3月20日にシングル「スキ!スキ!スキップ!」でCDデビューしてから38日という異例のスピードで、福岡・博多を活動拠点とするHKT48が晴れの舞台に立った。

この記事の画像

  • 日本武道館での初コンサートにうっすら涙を浮かべる指原莉乃(C)AKS
  • 「となりのバナナ」を歌った研究生コンビ(左から朝長美桜、田島芽瑠)(C)AKS
  • デビュー曲「スキ!スキ!スキップ!」をハツラツと歌った(C)AKS
  • 日本武道館で初公演を行い、感激する田島芽瑠(左)と兒玉遥〜『AKBグループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜』3日目昼公演より(C)AKS
  • 涙ながらにファンに感謝するチームHキャプテン穴井千尋〜『AKBグループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜』3日目昼公演より(C)AKS
  • 先輩グループ&乃木坂46のヒット曲メドレーも披露〜『AKBグループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜』3日目昼公演より(C)AKS
  • デビュー曲「スキ!スキ!スキップ!」をハツラツと歌った〜『AKBグループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜』3日目昼公演より(C)AKS

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索