アニメ&ゲーム カテゴリ

松坂桃李主演で『ガッチャマン』実写化 ヒロインは剛力彩芽

 若手俳優・松坂桃李(23)主演で人気アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』が実写映画化されることが11日、わかった。1972年のテレビ放送時は平均視聴率21%を叩き出した人気作で、子門真人が歌う主題歌も当時大流行。映画版ではキャラクターはそのままに、近未来の東京を舞台にしたオリジナル脚本を展開し、松坂のほか綾野剛(30)、濱田龍臣(12)、鈴木亮平(29)、メンバー紅一点のヒロインに剛力彩芽(20)が決定。松坂は「身震いするぐらい楽しみ」と熱く意気込む。

【写真】その他の写真を見る


 悪の組織「ギャラクター」に立ち向かう5人の少年少女の戦いを描き、子ども向けアニメでありながら重厚な人間模様と格闘シーン、さらに子門が歌う「誰だ、誰だ、誰だ〜」のキャッチーな主題歌。誰もが知る作品の実写化に主演の松坂は、「僕は戦隊出身なので、レッドを務めさせていただいた経験を生かすとともに、全く新しいヒーロー像を作り上げていきたいと思っています」と気合十分だ。

 主人公“大鷲の健”のライバル役となるクールで破天荒な“コンドルのジョー”を演じる綾野は「正義とは何なのか。悪とは何なのか。自身の真に潜む獣と闘い続け、牙なる精神で、チーム・ガッチャマン、漢、コンドルのジョーを生きさせていただきます」と、並々ならぬ意気込みを語り、ヒロイン“白鳥のジュン”を演じる剛力も「新しいジュンを魅せることができたらなと思います!」と胸を高鳴らせる。

 同作の実写映画化については原作製作のタツノコプロが2007年に発表していたが、今年、配給の日活100周年とタツノコプロ50周年の記念作品として来年の公開を目指し製作が決定。映画『ごくせん THE MOVIE』や『カイジ』シリーズで知られる佐藤東弥監督がメガホンを執り、脚本は『GANTZ』シリーズの渡辺雄介氏。キャラクターデザインをフルCGアニメ『APPLESEED』の荒牧伸志氏、そしてVFXは『白組』が手掛ける。

 このほか、新生「忍者隊メンバー」には、燕の甚平を濱田、みみずくの竜を鈴木がそれぞれ務め、5人のトレードマークとなるヒーロースーツも従来のデザインを踏襲しつつ、現代仕様に。主題歌「ガッチャマンの歌」はアレンジを加えたバージョンが決定している。映画『ガッチャマン』は、2013年夏に全国公開。

関連写真

  • 松坂桃李で実写化! 来年の夏に公開が決定した映画『ガッチャマン』
  • 大鷲の健を演じる松坂桃李
  • 白鳥のジュン役で出演する剛力彩芽
  • 実写化が決定した映画『ガッチャマン』にコンドルのジョーとして出演する綾野剛
  • 実写化が決定した映画『ガッチャマン』に燕の甚平役で出演する濱田龍臣
  • 実写化が決定した映画『ガッチャマン』にみみずくの竜役で出演する鈴木亮平

オリコントピックス