• ホーム
  • 芸能
  • 神田沙也加、舞台降板を謝罪 「急性胃腸炎」でドクターストップ

神田沙也加、舞台降板を謝罪 「急性胃腸炎」でドクターストップ

 あす3日より始める出演舞台『マクロス ザ・ミュージカルチャー』を体調不良により急きょ降板した女優の神田沙也加(26)が、2日付の自身のブログで謝罪した。また、所属事務所は降板理由を「急性胃腸炎」と発表した。

【写真】9nine吉井香奈恵らミュージカルキャスト


 神田は「今でも出演したい気持ちでいっぱいで、本当に悔しく、残念に思っています」と無念の思いを明かしながらも、「出演を楽しみに待っていただいていたファンの皆様には、深くお詫び申し上げます。スタッフ・キャストの皆様にも、ご心配とご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんでした」と謝罪。「しっかり体調を戻し、再び皆様の前で、元気な姿を見せられるよう頑張ります」と綴っている。

 また、所属事務所は神田の病状を「急性胃腸炎」と発表。本人は出演を強く望んでいたものの、「医師より出演不可能と診断された」という。加えて、発表当初に降板理由を明かさなかったとことについては、「ファンの皆様にご心配をおかけしたくないという思いから、主催者側に『諸事情』ということでお願いしておりました」としている。

 同舞台で神田が予定していたシャルロット・マリオン=グラス役は、タレントの富田麻帆が代役を務める。



オリコントピックス