• ホーム
  • 音楽
  • 前田敦子、東京ドーム千秋楽で涙、涙…「AKBは青春のすべてでした」

前田敦子、東京ドーム千秋楽で涙、涙…「AKBは青春のすべてでした」

 人気アイドルグループ・AKB48が26日、念願の東京ドーム3夜連続公演の千秋楽を行った。アンコール明け、4万8000人の“あっちゃん”コールに迎え入れられ、純白のドレスでスポットライトを浴びた前田敦子(21)は「正直、すごく寂しいです」と涙ながらに本音を吐露。「ですが、自分で選んだ道。ここから前に歩き出していきたいと思います」と宣言し深々と一礼すると、ますます大きくなるコールに涙が止まらず、1分近く頭を上げられずにいた。

【写真】その他の写真を見る


 「AKB48は私の青春のすべてでした」――。かみしめるように語りかけた前田は、卒業ソング「夢の河」を静かに歌い始めた。選抜常連組の高橋みなみ小嶋陽菜板野友美峯岸みなみ篠田麻里子大島優子柏木由紀渡辺麻友松井珠理奈の9人一人ひとりとハグし、マイクを通さずに会話をする感動のシーンにメンバーもファンも涙、涙。小舟に乗って一人旅立つ姿に、これまで泣かずにいた篠田も涙をこらえきれなかった。

 約3時間半にわたって全51曲中、24曲を歌いきった前田の東京ドームラスト曲は、歴史の始まりとなったインディーズデビュー曲「桜の花びらたち」(2006年2月発売)。ステージで歌うメンバーを背に前田は一人、船型のゴンドラに乗り、桜吹雪が舞い上がるスタンド前を1周。大歓声に涙し、笑顔で手を振りながらステージ裏へと消えていった。

 6年8ヶ月にわたってグループの先頭に立ってきた“不動のセンター”の背中を感慨深げに見送ったメンバーを代表して、同期の盟友・高橋は「敦子は夢の河を渡ってしまいましたが、私たちは“新AKB”として頑張りたい。AKB48は“新たな1830m”に向かって歩き出します」と誓いを打ちたてた。

 前田はあす27日、2005年12月8日に初舞台を踏んだ“原点”のAKB48劇場(東京・秋葉原)での公演をもって卒業する。

>>【写真特集】前田敦子卒業までカウントダウン… 感動に包まれた最終日



関連写真

  • 名残惜しそうにファンに手を振る前田敦子=AKB48念願の東京ドーム3days最終日公演(写真:鈴木一なり)
  • 深々と1分近く頭を下げた
  • 前田敦子がいない新体制のAKB48もお披露目
  • 名残惜しそうにファンに手を振る前田敦子=AKB48念願の東京ドーム3days最終日公演(写真:鈴木一なり)
  • 名残惜しそうにファンに手を振る前田敦子=AKB48念願の東京ドーム3days最終日公演(写真:鈴木一なり)
  • メンバーとハグする前田敦子=AKB48念願の東京ドーム3days最終日公演(写真:鈴木一なり)
  • 純白ドレス姿で感謝の言葉を述べる前田敦子 =AKB48念願の東京ドーム3days最終日公演(写真:鈴木一なり)

オリコントピックス