JKT48、本国に専用劇場オープン 9・1にAKBグループ初の海外劇場

 AKB48初の海外姉妹グループでインドネシア・ジャカルタを拠点に活動するJKT48が、9月1日に専用劇場をオープンすることが15日、わかった。ジャカルタ市内中心部のショッピングモール「FX」内に約200人を収容する新劇場を開設し、「会いにいけるアイドル」としての活動を本格化させる。

 昨年11月に始動したJKT48は、今年5月17日に「仮設」劇場で公演デビュー。以降は劇場を借りて“仮設劇場公演”を行ってきたが、いよいよ海外初の専用劇場がオープン。来月1日午後2時に、1期生24人が晴れ舞台に立つ。

 「遠方枠」も設ける予定で、チケットは事前応募制。今月25日より公式サイトで募集を開始する。詳細は後日発表。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索