アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 鈴木福くん&夢ちゃん、『ドラえもん』の新ミニコーナーで兄妹初レギュラー

鈴木福くん&夢ちゃん、『ドラえもん』の新ミニコーナーで兄妹初レギュラー

 人気子役の鈴木福(7)と妹の夢(5)の兄妹が、テレビ朝日系で放送中のアニメ『ドラえもん』の新コーナー「100年後ボックスプロジェクト」のナビゲーターとして、レギュラー出演することが23日、わかった。兄妹でのレギュラー出演は今回が初。4月27日(金)の放送から月1回のペースで登場する。最初の収録を終えた二人は「ドラえもん大好き! 楽しかった! 兄妹で初めてのレギュラー出演が『ドラえもん』で、とっても嬉しい!!」と声をそろえて、喜んでいる。

【写真】その他の写真を見る


 2112年のドラえもん誕生まであと100年。新コーナー「100年後ボックスプロジェクト」は、100年後の未来を考えてみようと企画されたミニコーナー。今、使っているモノがどんなふうに変化しているか自由に予想してもらい、そのアイデアを大募集する。子どもたちから寄せられた“未来予想図”を“100年後ボックス”に入れ、ナビゲーターの福&夢がレバーを引くと…、その未来の予想図をアニメで楽しめる仕組みになっている。

 福と夢は、“ドラえもん誕生100年前”を記念したオリジナルTシャツをポイントに、白、赤、黒の3色でまとめたおそろいの衣装に身を包み、ドラえもんと3人で仲よく案内役に挑戦。夢は、「お兄ちゃんはすごいなあ! ちゃんとセリフを覚えられるのがすごい!」と尊敬のまなざし。褒められた福は「夢も上手だったよ!!」と照れながらも、頑張った妹を優しくねぎらった。

 また、2人が予想した未来のアイデアも、福のアイデアは5月、夢のアイデアは6月に放送予定。福は「自由な発想で、“おぉ、いいなぁ!”ってみんなが思うような、おもしろいものを考えてほしいな! 夢をかなえてくれるようなアイデアをまっています」と全国の子どもたちに応募を呼びかけた。

 このコーナーでは、兄妹がアニメになって登場するのも注目。すでに福は『映画ドラえもん のび太と奇跡の島〜アニマルアドベンチャー〜』に“フーク”というキャラクターとしてアニメに描かれているが、夢がアニメになるのは初めて。イラストに描かれた自分を見て、夢は「かわいい! 気に入った!! ああゆう絵、大好き!」とご満悦だった。



関連写真

  • 27日の放送から『ドラえもん』(テレビ朝日系)に毎月1回レギュラー出演する鈴木福&夢の兄妹 (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • ドラえもん誕生まであと100年。未来がどうなっているか、みんなのアイデアを募集する新コーナー「100年後ボックスプロジェクト」がスタート (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

オリコントピックス