• ホーム
  • 芸能
  • 錦織圭選手、バレンタインの話題に照れ笑い

錦織圭選手、バレンタインの話題に照れ笑い

 プロテニスプレイヤーの錦織圭選手が14日、時計ブランド「タグ・ホイヤー」とパートナーシップを締結し、都内で行われた就任式に出席。司会からバレンタインデーの話題を振られた錦織選手は「もらえるとうれしいけど、まだ」と語り、「誰にもらいたい?」というツッコミには照れ笑いを浮かべてはぐらかした。

 全豪オープンで日本人男子初のベスト8入りを果たし、先日発表された男子テニス世界ランキングで自己最高の18位にランクアップした錦織は「去年の暮れくらいから、調子が良すぎるくらいいいので、(現時点で18位は)早く感じてる」と喜んだ。また、良い結果を残すことで、同時に不安も押し寄せるといい「後ろを見ずに前進していきたい。今年はグランドスラムでベスト8以上を狙うのが目標。将来、グランドスラムが取れるように頑張りたい」と展望を語った。

 同ブランドが米俳優のレオナルド・ディカプリオや女子プロテニスプレイヤーのマリア・シャラポワなど多くのセレブとパートナーシップを結んでいることに、錦織は「今までの面子を見ても信じられない人たちで、その中に自分がいられるのは誇りに思う。もっと強くなって、他の人にも劣らないように、胸を張っていきたい」と気を引き締めた。

 また、バレンタインのプレゼントとして38万円する時計がプレゼントされ、「オシャレには疎いんですが、タグ・ホイヤーが似合う服を着ていきたいですね」と白い歯をこぼしていた。



オリコントピックス