• ホーム
  • 音楽
  • ET-KING、新曲はサッカー長友親子の絆を歌う

ET-KING、新曲はサッカー長友親子の絆を歌う

 7人組ユニット・ET-KINGが、サッカー・長友佑都選手の母、長友りえさんが出版した初著書『心は、強くなる 〜長友家式 人に愛される子どもに育てる 五感の方程式〜』(ワニブックス刊)のエピソードを基に、新曲「mother」を制作したことが明らかになった。

 きっかけは昨年3月の東日本大震災直後。イタリアにいた長友選手がブログで「僕はこの曲にいつも励まされている」というメッセージとともに紹介したのが、ET-KINGとシンガー・Kが共作した「この歌を・・・・・・・・♪」だった。昨年8月に放送されたTBS『噂のヒーロー直撃SP』に長友選手が出演した際には、ET-KINGと一緒に同曲を歌い、反響を呼んだ。

 何らかの形で恩返ししたいと考えていたET-KINGは、長友選手の母・りえさんが子育てに関する本を出版することを聞き、女手ひとつで長友選手を育てたエピソードを基に新曲を書き下ろし。メンバーのTENNは「母親からの目線で歌詞を書いていくことは、僕らにとっても挑戦でした」と明かし、「自分のことを常に考えてくれる存在がいてくれるから頑張れる。この曲を聞いて母親の大きさを感じてもらえたら嬉しいです」とコメントした。

 同曲は今春発売予定のアルバム『家族歌集』に収録予定(配信およびCD発売は未定)。5月13日には母の日企画として、『お母さんの絵展覧会』を行う。絵の応募等の詳細は、公式サイト(http://et-king.com/)で案内される。

ET-KING チケット発売情報



関連写真

  • ET-KING
  • 長友佑都選手の母・長友りえさん初著書『心は、強くなる 〜長友家式 人に愛される子どもに育てる 五感の方程式〜』(1月28日発売・ワニブックス)

オリコントピックス