• ホーム
  • 芸能
  • 次男が一流大学合格! “7児の母”堀ちえみが明かす驚きの子育て術

次男が一流大学合格! “7児の母”堀ちえみが明かす驚きの子育て術

 昨年12月に一般男性と再々婚し、7児の母親になった堀ちえみ(44)。時間が不規則な芸能界にいながら7人の子どもの育児もこなす堀に、両立のコツを聞いたところ、驚きの子育て術が明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 7児の母になった今でもしっかり家事をこなすという堀は「なんとかなるもんだなと思う。(子どもが)もっと小さいときは大変だったけど、家事とか時間のやりくりがうまくやれるようになった」と語り、仕事との両立も「まったく問題ない」という。育児における決まりごとを聞いてみると、「子育ては思うようにいかないと思っていると楽」と明かし、「『え〜!』っていうのは禁止」、「食事は全員揃うまで箸をつけない」、「お風呂は順番が決まってる」、「あいさつは絶対」、「兄妹のルールもしっかりしてる」とさまざま飛び出した。

 なかでも驚いたのは、徹底して「『勉強しなさい』とは言わなかった」という点。「自分が言われるのが嫌だったから。自分がされて嬉しかったことをいっぱいやってあげようと思って」と自身の体験から言わなくしたという。「そうしたら勉強やめなさいって言ってもやめない子になっちゃった」と、次男が超一流大学に現役合格したそうだ。

 習い事においても“ちえみ流”があり、自主性を重視して子どもがやりたいというものだけをやらせる。その代わり「言ったからには絶対続けさせる」とのこと。堀は「(子どもは)一人ひとりぜんぜん違う。だから子育てって面白い」と目を輝かせ、再々婚により2人加わったことにも「彼の子を育てていてもすごく面白い。みんな可能性を持っているっていうのは共通していて、その子の人生が面白いくらい1つの糸でつながっていく」と言い切る。「道は自分で決めさせる。結局はどっかで親が導いているんだけど、でもそれを見せないようにする」と語る彼女からは、タレントというよりカリスマ主婦の佇まいを感じた。

 子どもの自主性を重んじる堀だが、芸能界だけは「勘弁してほしい」とキッパリ。「自分の息子が同じ業界にいたら気にしなくていいことまで気にするし、子どもも嫌だと思う」と本音を吐露したが、今のところは「しんどい面も見てると思うし、誰一人入りたいとは言わないです」と胸を撫で下ろしていた。再々婚したばかりとあって、“8人目”について聞いてみると「年齢が年齢ですし、神様が授けてくれるかどうか、それは自然の流れに任せて」と笑顔で語った。

 芸能生活30年、長年仕事と家庭を両立してきた堀は「22歳になる息子がいるって考えると30年って長いですね。でもあまりそんなに変わらないかな」と穏やか。「それより10年後はどうなってるのか楽しみ。今よりもっと年齢的に充実していると思うし、結婚している子も、孫もいるかもしれない」と先を見据え、「これから先の30年、75歳でおばあちゃんになって60周年記念ライブをやれたらかっこいい。おばあちゃんっていう肩書きがついたらステージアップする気がする」と楽しげに語っていた。



関連写真

  • ORICON STYLEのインタビューに応じた堀ちえみ (C)ORICON DD inc.
  • 全身ショット (C)ORICON DD inc.
  • ORICON STYLEのインタビューに応じた堀ちえみ (C)ORICON DD inc.
  • ORICON STYLEのインタビューに応じた堀ちえみ (C)ORICON DD inc.
タグ

オリコントピックス