• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】SMAPがキャリア20年超で首位 ボーカルグループ史上初

【オリコン】SMAPがキャリア20年超で首位 ボーカルグループ史上初

 9月にデビュー20周年を迎えたSMAPの1年4ヶ月ぶりとなる46thシングル「僕の半分」(21日発売)が初週13.0万枚を売り上げ、2012年1/2付週間シングルランキング首位に初登場した。SMAPのシングル首位は、34作目の「freebird」(2002年5月発売)から13作連続通算24作目。

 キャリア20年以上のグループによるシングル首位は、サザンオールスターズ(最新首位作・08年8月発売「I AM YOUR SINGER」=デビュー31年目)、B’z(最新首位作・今年6月発売「Don’t Wanna Lie」=同23年目)に続き、史上3組目の快挙。ボーカルグループとしては史上初となり、息の長い人気を裏付ける記録となった。

 また、SMAPのシングルTOP10入りはデビュー曲「Can’t Stop!!-Loving-」(91年9月発売・最高位2位)から46作連続。自身が持つ「デビューシングルからの連続TOP10入り」の歴代1位記録を更新した(ランクインした全作品を対象)。

 フジテレビ系『SMAP×SMAP』のテーマソングでもある「僕の半分」は、男の切ない気持ちを歌った失恋バラード。作詞・作曲・編曲を、大ヒットドラマ『家政婦のミタ』の主題歌「やさしくなりたい」を担当したシンガー・ソングライターの斉藤和義が手がけた。

 SMAPは、大みそか恒例の『NHK紅白歌合戦』で2年連続大トリを務めることが発表されており、年末年始にかけても注目を集めそうだ。



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




オリコントピックス