アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • AKB初の演歌歌手・岩佐美咲、「ヘビロテ」を演歌でカバー

AKB初の演歌歌手・岩佐美咲、「ヘビロテ」を演歌でカバー

 来年2月1日に演歌歌手としてソロデビューするAKB48岩佐美咲のデビューシングルの詳細が発表され、タイトルが「無人駅」に決定したことがわかった。カップリングにはAKB48の代表曲「ヘビーローテーション」の演歌カバーバージョンを収録する。

 前田敦子、板野友美に続き、AKB48から3人目のソロデビューとなる岩佐。かねてより演歌を歌いたいという想いが強かったことから、演歌歌手としてソロデビューすることが決定した。デビュー曲「無人駅」は、AKB48のプロデューサー・秋元康氏が作詞を担当。ジャケットは情緒あふれる雪景色の無人駅に、着物を着た岩佐がたたずむ姿が印象的で、AKB48での活動時とは異なる“大人の女性の顔”をのぞかせている。

 初回盤特典のDVDには、「無人駅」のミュージックビデオや、岩佐がAKB48・チームAに所属した当初の初々しい姿などヒストリー映像を収録。AKB48メンバーからのお祝いコメントも収められ、豪華な内容となっている。

 来年2月9日、11日、25日に開催される、所属事務所・長良グループの一大イベント『新春演歌まつり』初出演も決定。演歌界を賑わせてくれそうな、新人演歌歌手“岩佐美咲”の歌唱力に注目が集まりそうだ。

AKB48も出演! 『MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE』チケット発売情報

関連写真

  • AKB48・岩佐美咲のデビューシングルタイトルが「無人駅」に決定
  • 初回盤のカップリングにはAKB48の楽曲「ヘビーローテーション」の演歌バージョンが収録される

オリコントピックス