• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 嵐・相葉雅紀、台湾・香港で3000人の熱烈歓迎

嵐・相葉雅紀、台湾・香港で3000人の熱烈歓迎

 人気グループ・相葉雅紀が、台湾と香港で開催された映画『日本列島 いきものたちの物語』(2012年2月4日公開)のワールドプレミアに出田恵三監督と共に出席した。2日の台湾、3日の香港をあわせて3000人を超える熱烈なファンの歓迎を受けた相葉は、まず震災復興支援への感謝の言葉を述べ、「ご支援をいただいた“日本”の素晴らしさが描かれているこの映画を、いち早くこの地で上映できることにすごく幸せを感じておりますし、(震災のイメージとは違う)いまの日本の姿を知っていただける映画だと思っています」と挨拶した。

 今作は、日本を代表する25人の動物カメラマンが、日本全国30ヶ所以上で2年半にわたり撮影してきた1000時間にも及ぶ壮大な真実の物語。命の輝きに満ちあふれた日本の姿が描き出されている。同作のナビゲーターを務める相葉は、現地での会見で「日本には、日本ならではの四季があるからこそ、育まれる豊かさだったり、ときには厳しい自然があったりもします。だからこそ、そこに生きる野生の動物たちには力強い生命力を感じましたし、そうした動物たちや日本の自然がすごく詰まった映画になっていると思います。僕もこの映画を観て初めて知ることも多く、勉強にもなりました。これを観ていただければ、海外のみなさまにも日本を知って頂ける機会にもなりますし、日本のイメージが変わる、そんな映画だと思います」と熱いメッセージを送った。

 今回、ワールドプレミアが日本に先んじて台湾と香港で行われたのは、震災後の義援金などの迅速な支援に日本中が救われことへの感謝からという。相葉は映画の公式行事のほかにも、募金や人文字のパフォーマンスなどで東日本大震災への支援を寄せていた台北教育大学付属実験小学校を訪問するなど、現地の小学生との交流を通してもその想いを伝えていた。

関連写真

  • 訪問先の台北市龍山寺にも大勢のファンがつめかけた
  • 香港空港に集まった約2000人のファン
  • 出田恵三監督
タグ

オリコントピックス