さよならポニーテール、CDデビュー

 これまでに一度もライブを行わず、ソーシャルメディア上で話題となっている謎に包まれたグループ・さよならポニーテールが10月12日、アルバム『魔法のメロディ』でEPICレコードジャパンよりメジャーデビューすることが決定した。さよならポニーテールは、同日に初の漫画作品『きみのことば』も発売され、音楽アーティストが、漫画家としても同時デビューするという異例のこと。

【写真】その他の写真を見る


 MySpaceやツイッターなどのソーシャルメディア上のみで活動していたさよならポニーテールは、質の高いメロディーと歌詞、どこか懐かしいのに新鮮に響くサウンドで感度の高いユーザーから人気を集めている。

 “音楽”と“魔法”をキーワードに、みぃな、なっちゃん、あゆみんの3人の異なる歌声が楽しめる爽快なアップチューンや叙情的なバラード、エレクトロサウンドに乗せた脱力的なラップなど、バラエティに富んだ楽曲が収録される。

 また初の漫画作品では、みぃな、なっちゃん、あゆみんの3人の女の子たちが暮らす“さよポニワールド”の日常を、みぃなの淡い恋の物語を軸に独特のタッチで描かれている。

 初回生産限定盤は、「無気力スイッチ」の3人それぞれのソロバージョンを収録した特典CDや3人の学生証、ステッカー、ミニマンガ、ぬりえ、きせかえのほか、メンバー直筆のX’masカードがもらえる応募ハガキが封入される。

関連写真

  • さよならポニーテール
  • アルバム『魔法のメロディ』ジャケット初回限定盤BOX
  • 初の漫画作品『きみのことば』
  • アルバム『魔法のメロディ』ジャケット初回限定盤

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索