アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 槇原敬之、井上陽水抜く!アルバム総売上枚数男性ソロ歴代1位に!

槇原敬之、井上陽水抜く!アルバム総売上枚数男性ソロ歴代1位に!

 槇原敬之の2/22(水)に発売された通算14枚目のオリジナル作で、デビュー15周年記念アルバムにもなっている『LIFE IN DOWNTOWN』が今週(3月13日付)、2.6万枚(順位は8位)を売上げたことにより、自身のアルバム総売上枚数は1089.6万枚に。井上陽水(1089.3万枚)を抜いて、アルバム総売上枚数で男性ソロ歴代1位となった。

 槇原敬之の初のアルバムリリースは、1990年10月の『君が笑うとき 君の胸が痛まないように』で、累積売上は17.7万枚を記録。以降、29作のアルバムをチャートインさせ、その内の3作、1992年6月発売の『君は僕の宝物』、1993年10月発売の『SELF PORTRAIT』、1997年5月発売の『SMILING〜THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA〜』でミリオンを達成。

 2004/9/13付には井上陽水長渕剛に続く男性ソロ史上3組目となるアルバム総売上1,000万枚突破を果たしていた。

【槇原敬之さん、喜びのコメント】
今回この様な知らせをいただく事が出来、大変嬉しく思っております。
これからもたくさんの人達に愛される曲を作れる様、頑張っていこうと思います。
本当にありがとうございました。
槇原敬之

※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社企画ST部までお願いいたします。



タグ

オリコントピックス