ORICON STYLE

2010年02月17日

CDは軒並みヒット、ライブやイベントも大盛況

 アニメ『鋼の錬金術師』『NARUTO -ナルト-』『ハートキャッチプリキュア!』等の声優としても活躍。2009年末には『NHK紅白歌合戦』にも初出場を果たした水樹奈々のニューシングル「PHANTOM MINDS」が、声優史上初のシングル首位(1/25付週間ランキング)を獲得した。2009年6月発売の『ULTIMATE DIAMOND』での声優初のアルバム首位獲得に続く快挙だ。2/1付のランキングにおいても、アニメ『タイムスリップ戦国時代』『魔法少女リリカルなのは』等の声で活躍の田村ゆかりのシングル「My wish My love」が5位、アニメ『To LOVEる-とらぶる-』『かんなぎ』等の活躍で戸松遥のシングル「Girls,Be Ambitious.」が14位と、人気女性声優陣の作品がランキングの上位に登場している。

 

 アルバム、シングルを問わず、毎週のようにランキングをにぎわせている人気声優アーティストたち。2009年通年を見ても、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』『喰霊〜零〜』等の茅原実里が6月発売のアルバム『Tomorrow's Chance』での12位、12月発売のシングル『PRECIOUS ONE』での5位、11月発売の平野綾のアルバム『スピード☆スター』が4位を記録。それらを始め、多くの声優アーティスト作品がランクインしている。

 その人気ぶりは、作品のみならず、ライブにも表れている。ホールを始め、アリーナでのコンサートや全国ツアーを行う声優アーティストも多数現れ、水樹奈々に至っては、横浜アリーナ2Daysを含む全国7ヶ所のアリーナ、ホールツアーをこの冬敢行する。また、各種声優フェスティバルも軒並み大成功を収めており、大きなところでは、昨年夏の富士急ハイランド・コニファフォレストにおいて2Days実施された『10th Anniversary Liveランティス祭り』の盛況ぶりも記憶に新しい。声優アーティストのライブはまさにエンターテインメント。トークの巧みさやステージアクション、ステージと会場の一体感やコミュニケーションは、多くの熱狂的なファンを生み出している。

 一方、男性声優の人気も負けてはいない。CDのランキングこそ女性陣には及ばないものの、アニメ『機動戦士ガンダム00』『FULLMETAL LCHEMIST 鋼の錬金術師』等の宮野真守を筆頭に、鈴村健一 神谷浩史らも、自らのアーティストとしての作品を上位にランクインさせており、イベントは、どこも大盛況だ。

アニメ主題歌だけではない、声優アーティスト人気の理由

 今ではすっかりシンガーとしてのファンも定着している声優アーティストたち。その人気ぶりは、アニメファンだけのものではない。それは、前述の「PHANTOM MINDS」が、主題歌として起用されるアニメ『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』の公開前から大ヒットを記録したことからも立証済みだ。

 現在の声優アーティストの隆盛には、いくつかの要素が挙げられる。まずは、声優の情報や各人のキャラクターがより伝わりやすい現状により、そのパーソナルからファンになる例。もともとある、声優としての声の定評に、しっかりした歌唱と可愛らしいルックス等の外的要素も加わったアイドル的見地。そして、定評のあるプロデュース陣が制作するクオリティの高い楽曲提供も、楽曲からファンになる図式を生み出している。とくに楽曲に関しては、躍動感やハードエッジ性、適度なポップ&歌謡性を有しているものが人気が高いようだ。

 とはいえ、この隆盛は今に始まったことではない。ここ3年ほど、声優シンガーたちの楽曲はしっかりとランキングをにぎわせており、それが昨年以降、顕著に百花繚乱的に現れ出したのだ。そこには、坂本真綾や水樹奈々、田村ゆかりらが着実に実績を積み上げ、それを素地に戸松遥、茅原実里といった新世代感覚のシンガーが現れてきた潮流がうかがえる。また、人気アニメの一般層への訴求と音楽性の充実等は、結果、アニメのコアファンのみならず、音楽やサブカル方面のファンもキッチリ取り込んでいるからこその、現状があるといえる。  エンターテインメント的見地から、今後も多くのヒットが生まれてきそうなこのシーン。新たなビッグスターが続々と登場する日も遠いことではない!?

(文:池田スカオ和宏)

最近の主な声優アーティストのヒット作品一覧

水樹奈々

タイトル

発売日

最高位

種別

インタビューを見る

Silent Bible

2010/2/10

3

SG

PHANTOM MINDS

2010/1/13

1

SG

ULTIMATE DIAMOND

2009/6/3

1

AL

田村ゆかり

タイトル

発売日

最高位

種別

インタビューを見る

My wish My love

2010/1/27

5

SG

You & Me

2009/12/16

7

SG

木漏れ日の花冠

2009/2/4

8

AL

平野綾

タイトル

発売日

最高位

種別

スピード☆スター

2009/11/18

4

AL

Super Driver

2009/7/22

3

SG

坂本真綾

タイトル

発売日

最高位

種別

マジックナンバー

2009/11/11

12

SG

かぜよみ

2009/1/14

3

AL

茅原実里

タイトル

発売日

最高位

種別

インタビューを見る

PRECIOUS ONE

2009/12/23

5

AL

Tomorrow's chance

2009/6/3

12

AL

戸松遥

タイトル

発売日

最高位

種別

インタビューを見る

Girls,Be Ambitious.

2010/1/27

14

SG

motto☆派手にね!

2008/10/29

10

SG

宮野真守

タイトル

発売日

最高位

種別

インタビューを見る

REFRAIN

2009/10/21

24

SG

J☆S

2009/7/29

22

SG

BREAK

2009/3/11

20

AL

鈴村健一

タイトル

発売日

最高位

種別

Becoming

2009/10/7

14

AL

ミトコンドリア

2009/6/24

20

SG

神谷浩史

タイトル

発売日

最高位

種別

ハレノヒ

2009/8/26

9

AL

小野大輔

タイトル

発売日

最高位

種別

キンモクセイ

2009/9/9

13

SG

風花

2009/2/25

13

AL

※2010/2/22付ランキングデータ
※SG:シングル、AL:アルバム

▲このページの最初に戻る

インタビュー&コメントトップへ