乃木坂46の白石麻衣・松村沙友理、グループ卒業に言及「変化は大切、ネガティブなことではない」

“今”の活動を全力で楽しみたい

──またおふたりは誕生日も近く、今年8月には共に27歳になりました。ご自身の次のステップについて考えることはありますか?
松村 そうですね。やっぱりグループ活動をしていると、“卒業”という言葉は常にどこかにあります。でも、それは私たちだけじゃなくて、新しく入った4期生にも、いつかは卒業する日が来るんだろうな、ということを考えているメンバーはいると思います。

──ただ、やはり1期生にとってはより卒業はリアルに意識することだと思います。先日は乃木坂46を結成から牽引してきたキャプテンの桜井玲香さんが卒業しましたが、卒業していく同期を見てどんなことを考えますか?

白石 私は卒業って決してネガティブなことではないと思っていて。その人がより輝くため、さらに成長するためにすることが卒業というものなので、次のステップを踏み出す決断をした人はすごいなと思います。私自身もいつかそのことを考えなければいけない日は来るので──。でも、今はとにかくいろんなお仕事に挑戦したいという気持ちのほうが強いですね。

──おふたりは乃木坂46のほかにも、モデル、女優としても活躍されています。将来的に1つのジャンルに集約していくことはイメージしていますか?
白石 まだそこまでは考えられないですね。歌も歌いたいですし、女優のお仕事もやりがいがあります。以前に発売したスタイルブック『MAI STYLE』(主婦の友社)のようなファッション関係のお仕事で何か作ってみたいという気持ちもあります。やりたいことがいくつもあるので、今、活動できていることを大切にしながら、お仕事を続けていきたいと思っています。
松村 私はソロで歌うタイプではないと思うんですね。だからこそ、ステージに立って歌える乃木坂46はとても貴重な経験です。今はとにかく“今”の活動を全力で楽しんでいたいですね。

(文/児玉澄子 写真/西田周平)

AbemaTV『乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!』

乃木坂46に「ひとときの安らぎを…」というコンセプトのもと立ち上がった旅企画。番組名『乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!』にある“今野さん”は、乃木坂46合同会社の今野義雄氏のことで、乃木坂46メンバーが今野氏からほっとかれ、完全自由な3日間の海外旅行を敢行する。10月より毎月1回、2日間にわたる放送を予定。月ごとに違うメンバーが2人1組となり海外旅行に出かける。初回は白石と松村のハワイ旅。

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索