アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【第51回オリコン年間ランキング 2018】安室奈美恵さんが総合首位、AKB48がシングル9年連続1位・2位独占

【第51回オリコン年間ランキング 2018】安室奈美恵さんが総合首位、AKB48がシングル9年連続1位・2位独占

『第51回オリコン年間ランキング2018』が発表!『年間アーティスト別セールス部門』では今年9月16日をもって引退した安室奈美恵さんが大賞を獲得。今夏の引退以後もアルバムや映像作品のセールスは伸び続け、今年を代表するアーティストとしてその名を残した。また、「アーティスト別セールス部門:新人賞」はKing & Princeが受賞。このほか、AKB48が今年も歴代記録を更新、シングル9年連続1位、2位を独占した。さっそく2018年のエンタメシーンを彩った音楽作品を振り返っていく。
また、今年も歴代記録を更新したAKB48(⇒)アーティスト別セールス「新人賞」を獲得したKing & Prince(⇒)から喜びのコメントも到着した!
<集計期間> 2017/12/25付〜2018/12/17付
※実質集計期間:2017年12月11日(月)〜2018年12月9日(日)
【シングル】 1位〜25位26位〜50位51位〜100位
【アルバム】 1位〜25位26位〜50位51位〜100位
【アーティストトータルセールス】 1位〜5位
【DVD】  1位〜25位26位〜50位
【ミュージックDVD】  1位〜25位26位〜50位
【Blu-ray】 1位〜25位26位〜50位
【ミュージック Blu-ray】 1位〜25位26位〜50位
【総合ミュージックDVD・Blu-ray】 1位〜20位
【アニメシングル】 1位〜20位
【アニメアルバム】 1位〜20位

通算2度目、女性ソロアーティストの総合首位は2007年以来11年ぶり

  • 安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』

    安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』

 音楽ソフト(シングル・アルバム・音楽DVD & Blu-ray Disc)の総売上金額を集計した『年間アーティスト別セールス部門』では、期間内総売上金額190.0億円を記録した安室奈美恵さんが総合首位を獲得。1996年以来自身通算2度目、女性ソロアーティストの同部門では、2007年の倖田來未以来、11年ぶりの総合首位獲得となった。

 けん引したのは昨年11月に発売したオールタイム・ベストアルバム『Finally』と、今年8月発売のライブ映像作品『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』で、いずれも同部門の「年間アルバムランキング」、「年間ミュージックDVD・BDランキング」において、それぞれ期間内売上28.7億円、161.2億円を売り上げて1位に。シーンを駆け抜けた歌姫は、平成の終わりとともに、時代にその名を強く刻み付けた。

 また、乃木坂46が、期間内総売上金額103.3億円を記録し、2016年の自己最高位の3位を更新する2位を獲得。今年度の100億円超えは、1位の安室奈美恵さんに続いて2組目となった。

AKB48が今年も歴代記録を次々更新、シングル9年連続1位、2位独占

 シングルではAKB48の「Teacher Teacher」が、期間内売上181.9万枚を記録し、1位を獲得。これで年間シングル1位は、2010年の「Beginner」以来9年連続となり、自身が歴代1位記録を持つ「年間シングル1位連続獲得年数」を本年度も更新した。また、続く2位にも「センチメンタルトレイン」がランクイン。2010年以来9年連続で1位、2位を独占するなど、今年もランクイン作品が次々にミリオンを突破した。

 一方で、乃木坂46、欅坂46も昨年よりさらに躍進。乃木坂46は年間TOP10に「シンクロニシティ」をはじめ、3作品をランクイン。欅坂46は「ガラス割れ!」など2作品が同時TOP10入り。「アーティスト別セールス部門」では乃木坂46がAKB48を上回り、2位を獲得するなど、勢力図にも確かな変化が見られた1年となった。

サザンオールスターズなどベテラン勢に混ざり、BTS(防弾少年団)が躍進

 アルバムでは安室奈美恵さんの『Finally』の首位に続き、AKB48『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』が2位を獲得。3位以下は、サザンオールスターズ『海のOh, Yeah!!』、Mr.Children『重力と呼吸』、宇多田ヒカル『初恋』とベテラン勢が続いた。キャリアアーティスト達の活躍が目立つなか、ここ数年で一気に世界規模でその名を響かせたBTS(防弾少年団)の『FACE YOURSELF』が7位にランクイン。さらに、TWICEも『BDZ』が8位を獲得するなど、K-POP関連グループの存在感もさらに強まっている。

King & Princeが新人賞獲得、年間売上50万枚超えは2010年代初

  • King & Prince「シンデレラガール」

    King & Prince「シンデレラガール」

 今年の新人に目を向けると、注目はやはりKing & Princeの活躍ぶりだろう。デビュー作『シンデレラガール』が、発売初週の18年6/4付週間シングルランキングで57.7万枚を売り上げ、「デビューシングル初週売上記録」で2010年代最高を記録。2ndシングル『Memorial』も18年10/22付で初週40.1万枚を売り上げ、史上2組目となる「デビューシングルから2作連続の初週売上40万枚超え」を記録するなど、週間ランキングでも数々の歴代記録を達成した。

 この結果、2018年度年間の総売上金額を集計した「アーティスト別セールス部門:新人賞」では期間内総売上16.0億円を記録し、首位を獲得。「年間シングルランキング」(作品別売上数部門:シングル)でも、デビューシングル「シンデレラガール」が10位にランクイン。1stシングルの年間売上50万枚超えは、秋川雅史「千の風になって」(06年5月発売、期間内売上91.6万枚)以来11年ぶりで、2010年代では初の記録となった。

映像ランキングも安室奈美恵さんが席巻、テレビドラマ部門は『おっさんずラブ』が首位独占

 映像作品では、「年間DVDランキング」、「年間BDランキング」では、『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』がそれぞれ期間内売上DVD:94.5万枚、BD:81.2万枚で1位を獲得。ミュージックDVDとBDを合算した「ミュージックDVD・BDランキング」でも、期間内売上175.7万枚で1位に。音楽映像作品のDVD・BD合計売上で年間100万枚超えは史上初の記録となった。

 なお、洋画部門ではBDが『スター・ウォーズ/最後のジェダイ MovieNEX(初回版)』が首位。DVDは、サントラも洋楽アルバムで2位(年間売上21.9万枚)を記録した『グレイテスト・ショーマン』が1位となった。また、劇場公開アニメ部門では、2018年度(第90回)アカデミー賞の長編アニメーション賞と主題歌賞を受賞し、年間BDランキングで4位にランクインした『リメンバー・ミー MovieNEX』が首位。テレビドラマ部門は、“おっさん同士の笑って泣ける究極の純愛ストーリー”が社会現象にもなった『おっさんずラブ』のDVD-BOX、Blu-ray BOXが、両部門ともに1位を獲得。いずれも話題作が堅調にセールスを伸ばした。
【シングル】 1位〜25位26位〜50位51位〜100位
【アルバム】 1位〜25位26位〜50位51位〜100位
【アーティストトータルセールス】 1位〜5位
【DVD】  1位〜25位26位〜50位
【ミュージックDVD】  1位〜25位26位〜50位
【Blu-ray】 1位〜25位26位〜50位
【ミュージック Blu-ray】 1位〜25位26位〜50位
【総合ミュージックDVD・Blu-ray】 1位〜20位
【アニメシングル】 1位〜20位
【アニメアルバム】 1位〜20位
次へ

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年1月21日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年1月21日号

<COVER STORY>
三浦文夫氏(関西大学 社会学部メディア専攻 教授)
「ラジオを中心とした
radikoプラットフォームの進化に向けて」

<SPECIAL ISSUE 1>
スタートアップとの連携が進む2019年
音楽業界が進むべき方向性
求めらる“テクノロジーA&R”視点からの未来図へのアプローチ

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート 12月度

<2019 Leader‘s Message>
プロダクション・音楽出版社・音楽配信サービス
各代表からの2019年新春メッセージ

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!