• ホーム
  • 映画
  • キマグレンの前座バンドが映画『高校デビュー』の主題歌デビュー

キマグレンの前座バンドが映画『高校デビュー』の主題歌デビュー

 沖縄在住の4人組バンド、7!!(セブン・ウップス)が、人気コミックを実写映画化した『高校デビュー』(英勉監督、4月1日公開)の主題歌「フォーリン・ラブ」を担当することが決まり、3月30日にEPICレコードジャパンよりメジャーデビューすることがわかった。同バンドは昨秋、『海仙山仙〜第一幕〜』と題したキマグレンHi-Fi CAMPのコンサートツアーに帯同し、オープニングアクトを務めて好評を博した。

 7!!は2004年に結成。ボーカル・NANAE、ドラム・MAIKO、ギター・MICHIRU、ベース・KEITAの4人は同級生で、全員O型、美男美女。メンバー全員が作詞・作曲を手がける音楽的センスも兼ね備える。2005年には『三ツ矢サイダーCMオーディション』のバンド部門でグランプリを獲得し、オリジナル曲「Sun Light」が三ツ矢サイダー沖縄限定CM曲に採用された。女の子の気持ちに届く情景描写に富んだ恋愛小説的な歌詞。そして、それを歌うNANAEのガーリーで少しあどけなく切なく響く声が特徴的なバンドだ。

 映画『高校デビュー』は、『別冊マーガレット』(集英社)で2003年〜2008年まで連載された河原和音の大ヒット少女漫画が原作。体育会系女子が、高校入学をきっかけに彼氏を作ろうと奮闘する学園ドラマ。主演は俳優・溝端淳平、ヒロインは同作が映画デビューとなる『Seventeen』(集英社)の人気モデル・大野いと。そのほか、菅田将暉逢沢りな、古川雄輝、宮澤佐江AKB48)など、10代に人気のキャストが集結した。

 デビューシングル「フォーリン・ラブ」が映画主題歌に決まり、MAIKOは「(映画と)7!!の歌詞に出てくる女の子像と重なる部分があってすごくおもしろいと感じました」と大喜び。主題歌だけでなく、劇中の挿入歌として1998年に大ヒットしたPuffyの「愛のしるし」も7!!がカバーしている。

【動画】映画『高校デビュー』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー



関連写真

  • 3月30日、映画『高校デビュー』主題歌「フォーリン・ラブ」でメジャーデビューする7!!(セブン・ウップス) (左から)MICHIRU(Gt.)、NANAE(Vo.)、MAIKO(Dr.)、KEITA(Ba.) 
  • 映画『高校デビュー』より (C)2011『高校デビュー』製作委員会 (C)河原和音/集英社 

オリコントピックス