• ホーム
  • 映画
  • Flashアニメ『キミとボク』中村蒼主演で実写映画化 猫の声は坂本真綾、主題歌も担当

Flashアニメ『キミとボク』中村蒼主演で実写映画化 猫の声は坂本真綾、主題歌も担当

 2001年にWebで公開されて以来高い人気を誇る、クリエーター・やまがらしげとの自主制作Flashアニメーション『キミとボク』が、『BECK』『大奥』などの話題作への出演が相次ぐ俳優・中村蒼主演で実写映画化され、5月に公開されることが8日、わかった。猫(アメリカン・ショートヘア)の銀王号(ボク)と漫画家を目指す青年(キミ)の出会いから別れまでを描く感涙必至の物語。ボクの声は人気声優で歌手の坂本真綾が担当し、主題歌「手紙」も歌う。

 ほぼ全編、動きの予測できない子猫を相手に演じた中村は「すごくかわいかったです。初めてお芝居をしたみたいなんですが、すごく大人しく演技もしっかりやっていました」と小さな共演者を讃えた。中村は実家で犬を飼っており、「自分の愛犬にそうしているように、優しく話しかけようと思いました。演技プランはあまり立てず自然体でやりました」と愛犬との絆が役作りを助けに。「犬派でしたがこの作品で猫派にもなりました」と笑顔をみせ、中村扮する青年の「夢を追い続けてひたむきに頑張っている姿も見てください」とアピール。

 銀王号の声をアフレコした坂本は「猫であることや、幼い子供のような喋り方であることはあえて意識せずに演じようと思いました。ただまっすぐに青年への信頼と愛情を、声に乗せて届けることができたらいいなと考えていました」。撮影中はその声を想像するしかなかった中村も「綺麗な声で銀王号のイメージに合っていました」と嬉しい驚きとともに太鼓判を押す。一方、主題歌は坂本自ら歌詞を書き下ろし、「もしも私が“ボク”のように、大切な人より先に天国に行くことになったら、最期に何を伝えたいだろうと想像しながら作詞をしました」。同曲は、映画の公開よりもひと足先に、坂本の最新アルバム『You can’t catch me』(1月12日発売)に収録される。

 原作のFlashアニメはやまがら氏の実体験をもとに制作され、10年以上にわたって累計480万ページビューをカウントし、2009年には小池書院から書籍版も出版された。Flashアニメーション作品の実写映画化は前例がなく、コンテンツクリエーターたちの励みにもなりそうだ。

 映画『キミとボク』は5月より東京・テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。

⇒2011年の注目映画★予告編動画はコチラ!

◆関連ニュース一覧 最新映画ニュース映画インタビュー




【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画『キミとボク』に主演する中村蒼 
  • 中村蒼の主演映画『キミとボク』の場面カット 
  • 中村蒼の主演映画『キミとボク』の場面カット 
  • 中村蒼の主演映画『キミとボク』の場面カット 
  • 中村蒼の主演映画『キミとボク』の場面カット 

オリコントピックス