• ホーム
  • 映画
  • タモリ倶楽部『空耳アワード2009』グランプリが決定

タモリ倶楽部『空耳アワード2009』グランプリが決定

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いタレント・タモリ司会の人気深夜番組『タモリ倶楽部』(テレ朝系)の名物コーナー『空耳アワー』の、年に一度の祭典「空耳アワード2009」が、3日(金)と10日(金)の2週連続で放送され、2009年グランプリ作品として、北海道の男性が投稿したサウンド・プロヴァイダーの「5ミニッツ」に決定した。

 『空耳アワー』は、視聴者から投稿された、日本語に聞こえてしまう外国語の歌を、その日本語にちなんだオリジナルの撮り下ろし映像をかぶせて紹介するという不動の人気コーナー。グランプリ作品に輝いたサウンド・プロヴァイダー「5ミニッツ」は、オリジナル音源で「YEAH YEAH YEAH CHILL,CHILL WE’LL GET IT WE’LL GET IT MAN WE’LL GET IT」が「イヤイヤイヤ 違う違う 分けれ分けれ 麺分けれ」という日本語に聞こえてしまうというもの。

 ラーメン店の設定で、外国人の店員が、つけ麺の麺をスープに入れてしまい、それを日本人の店員から「分けれ分けれ〜」と注意されるというシュールな映像に、タモリも大絶賛した。

 普段の放送では、タモリとイラストレーター・安斎肇の2人で進行する同コーナーだが、アワード放送時はゲストも多彩。今回は松たか子Perfume、NIGOらも出演。また、英語や音楽に詳しいクリス・ペプラー、近田春夫、マーティ・フリードマンも参加し、オリジナルの歌詞と、聞こえる日本語とのギャップなどを解説。デザイナーとして活躍するNIGOは、自らデザインした「ABATHING APE 特製空耳パーカー」を持参し、グランプリ受賞者に贈呈した。

 さらに、今回のアワードでは、15年ぶりに復活を遂げたロックバンド・ユニコーンのメンバーが、空耳のVTR俳優として登場。セルジュ・ゲンズブールの「おれの外人部隊」の空耳では、メンバー5人が野球の格好で出演し、コミカルな演技を披露。その他にも、近田春夫、クリス・ペプラー、銀杏BOYZのチン中村、フジファブリックの金澤ダイスケら、著名人の投稿作品も紹介されるなど、年に一度の祭典らしい豪華なアワードとなった。


 松たか子Perfume



タグ

オリコントピックス