• ホーム
  • 映画
  • 紅白最年少出場の大橋のぞみ、いつもは午後10時就寝も「最後まで頑張る!」

紅白最年少出場の大橋のぞみ、いつもは午後10時就寝も「最後まで頑張る!」

■その他の写真ニュースはこちら

 映画「崖の上のポニョ」の同名主題歌で注目を集めた藤岡藤巻と大橋のぞみが25日(火)、大晦日に行なわれる『第59回NHK紅白歌合戦』の出場を決めた。紅白最年少出場となる現在9歳の大橋は、普段は午後10時までに寝てしまうことを明かすも「最後まで頑張ります!」と眠気を吹き飛ばして臨むことを宣言した。

 これまでの最年少出場記録だった河野ヨシユキ(1954年)、萩原舞℃-ute/2007年)の11歳を更新し、最年少出場となる大橋は「信じられなかったけど、嬉しかった。友達に自慢します。自信はないけど間違えないように歌いたい」とニッコリ。起きたまま年を越した経験がないのか、司会からの“除夜の鐘”というフレーズに「え?」と首を傾げて考える場面もあったが、その愛くるしい姿と時折見せるハニカミ笑顔に報道陣は終始目尻を下げっぱなしだった。

 また、体調不良で年内の活動休止を発表していた藤岡藤巻の藤岡孝章は、この日の会見を欠席。相方の藤巻直哉は「(本番も)たぶん体調不良で難しいと思う」と大橋と2人だけの出場になることを示唆していた。



関連写真

  • 『第59回NHK紅白歌合戦』初出場を果たす藤岡藤巻の藤巻直哉と大橋のぞみ 
  • 『第59回NHK紅白歌合戦』出場歌手発表会見に出席した初登場組 

オリコントピックス