• ホーム
  • 映画
  • “女優”山崎真実、恋愛シーンも「緊張しない」と大物ぶり発揮

“女優”山崎真実、恋愛シーンも「緊張しない」と大物ぶり発揮

■その他の写真はこちら

 グラビアアイドルの山崎真実が21日(月)、初の主演映画『ペルソナ』の公開記念会見を都内で行った。山崎は「初めてアクション映画を本格的にやらせてもらって、嬉しかった」と撮影を振り返り、「恋愛シーンも緊張するかと思ったけれど、緊張せずにできました」と“女優”としての大物ぶりを見せつけた。

 謎の人体実験に巻き込まれ、もうひとつの人格と超人的な戦闘能力を身に付けた女子大生と、追手との終わりなき闘いを描いた今作。難しい役に挑んだ山崎は、アクションシーンの撮影中に「足のじん帯が伸びちゃった」と苦悩を明かしつつも「生々しさが出ないという事で、本当に蹴ったりしました。そうしたら、気持ちよくて、現場に入ってからはウキウキでした」と笑いながら告白。学生時代にやっていた新体操を生かした独特なキック“スコーピオンキック”も披露しているという。

 また、自身の作品をすでに観た感想について山崎は「お芝居って正解がないので、ここをこうしたらいいと思う事がいっぱいあった。次の役の課題にしたい」と今後の女優業に意欲を見せていた。『ペルソナ』は1月26日(土)より公開。

■著名人がお気に入りの作品をレコメンド『映画・DVDナビ』はこちら
■最新映画予告編はこちら



関連写真

  • 初の主演映画で大物ぶりを発揮した山崎真実 
  • 山崎真実と樫原辰郎監督 
タグ

オリコントピックス