• ホーム
  • 映画
  • 三島有紀子監督、モントリオール審査員特別賞は「青天のへきれき」

三島有紀子監督、モントリオール審査員特別賞は「青天のへきれき」

 映画『幼な子われらに生まれ』の三島有紀子監督(48)が11日、都内で行われた舞台あいさつに出席した。

 重松清氏の同名小説を映画化した同作は、バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマン・信(浅野忠信)と妻の奈苗(田中麗奈)を主人公に、不器用な大人たちが成長していく姿を描くヒューマンドラマ。カナダで開催された『第41回モントリオール世界映画祭』(8月24日〜9月4日)のコンペティション部門で、グランプリに次ぐ審査員特別賞を受賞した。

 この日、ステージ上で同賞のトロフィーを受け取り、うれしそうに眺めた三島監督。受賞結果を聞いたときについて、「全然想像していなかったので、撮影所のスタッフルームに向かって歩いていたらメールが着て、受賞を知りました。みんな通勤ラッシュのなか一人立ち止まって『えっ!?』って。晴天のへきれきというか、みんなびっくりしていました」と振り返った。

 現地での上映は多く人を集めたようで、「うれしかった」と笑顔。観客からの質問に答える時間も設けられ、映画の感想を直接受け取った三島監督は、最後に「次は北海道の開拓村で生きている女性を力強く描きたいと思います」と次回作のことも語った。



関連写真

  • 三島有紀子監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『幼な子われらに生まれ』の舞台あいさつに出席した三島有紀子監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス