• ホーム
  • 芸能
  • 佐々木蔵之介、綾野剛と初共演 『コウノドリ』新シリーズに出演

佐々木蔵之介、綾野剛と初共演 『コウノドリ』新シリーズに出演

 俳優の佐々木蔵之介が、TBS系連続ドラマ『コウノドリ』(10月13日スタート 毎週金曜 後10:00)の新シリーズに出演することがわかった。佐々木は、綾野剛演じる主人公・鴻鳥サクラの尊敬する恩師で、現在は産科過疎地の離島で総合医として孤軍奮闘する荻島勝秀役として出演。2人は今作が初共演となる。

【写真】その他の写真を見る


 新シリーズは、2015年10月期に放送された前作から2年後が舞台となっているが、このほど島根県・隠岐の島町でクランクイン。壮大なロケーションで繰り広げられるリアルな医療現場も見どころで、佐々木演じる荻島が島の街道を自転車で走ったり、ドクターヘリが登場したりと「どこかで見たことのある」と思わせるようなシーンも登場する。

 綾野は、隠岐の島町でのクランクインを迎えて「ダイナミックに、ミニマムな所から少し大きく広げていくという『コウノドリ』制作チームの『前作を超える執念』をすこ?く感じました」と充実した表情。佐々木との共演についても「僕らの世代は、みんな佐々木蔵之介さんのことが好き。サクラにとっての師匠が佐々木蔵之介さんになるって聞いたときに感謝しかありませんでした」と声を弾ませた。

 一方の佐々木も「綾野剛くんはいろんな役を演じるのを楽しむ、幅の広い役者さんだと思います。今回、先輩後輩の医師という役柄での初共演、サクラの優しい人柄にも触れ、穏やかな島でとても心地よく演じさせていただきました」とにっこり。「僕は前作を尊いドラマだなと思って見ていました。登場人物がみな美しい心の人たちばかりで、私も医師という立場を演じることができて大変うれしく思います」と喜びをかみしめていた。

 同ドラマは講談社『モーニング』にて連載中の鈴ノ木ユウ氏によるヒューマン医療漫画を実写化。今作では、原作のエピソードをベースにオリジナルに取材した題材を加え「生まれてきたことの意味」「命を授かる奇跡」を丁寧に描きながら、産まれてくる赤ちゃんとその家族の出産後の未来、それに取り組む医療者たちの「未来」を見据えたエピソードを展開していく。



関連写真

  • 佐々木蔵之介が綾野剛と初共演 『コウノドリ』新シリーズに出演(C)TBS
  • 『コウノドリ』新シリーズのカット写真(C)TBS
  • 『コウノドリ』新シリーズのカット写真(C)TBS
  • 『コウノドリ』新シリーズのカット写真(C)TBS

オリコントピックス