• ホーム
  • 芸能
  • 井上真央、『花燃ゆ』以来約2年ぶり連ドラ「そっと寄り添えるような作品」

井上真央、『花燃ゆ』以来約2年ぶり連ドラ「そっと寄り添えるような作品」

 女優の井上真央が10月スタートの関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00)に主演することがわかった。2015年10月にクランクアップしたNHK大河ドラマ『花燃ゆ』以来約2年ぶり、昨年末に所属事務所を移籍してから初となる連ドラに挑戦する。誰よりも人の心に寄り添うスクールカウンセラーとして校内で発生したある事件と向き合っていく。井上は「時代を象徴するような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたいです」と想い入れを語った。

 椿が丘高校のスクールカウンセラーの主人公・藍沢日向(井上)は「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活を捧げる一方で、自身は過干渉な、いわゆる“毒親”である母親との関係に頭を悩ませていた。そんななか、気にかけていた不登校の男子生徒から告白された翌日、その生徒が不可解な死を遂げてしまったことをきっかけに人の心の闇と対峙することとなるヒューマンミステリー。

 オリジナル作品となる同ドラマを手がけるのは同局『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』『幽かな彼女』『任侠ヘルパー』などを手掛けた脚本家・古家和尚氏。生徒の死の原因を究明したい一心で、持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく日向の姿と、その先に日向が見つけた「生きる上で大切なこと」、「親子のカタチ」を丁寧に紡ぎ出していく。

 井上は「親子の関係をじっくりと描けるような作品をやってみたいと思っていたので、お話を聞いた時はうれしい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました」とコメント。河西プロデューサーはスクールカウンセラーとして生徒にアドバイスしながらも自分の“毒親”には毅然(きぜん)とした態度をとれないという日向を演じる井上に「難しい役ですが、数々の作品で人の繊細な心情を巧みに演じてこられた井上さんならば、たくさんの視聴者に共感して頂けると思い、お願い致しました」と期待を寄せている。



オリコントピックス