• ホーム
  • 映画
  • 浅野忠信、民放連ドラ初主演 相棒は初刑事役の神木隆之介

浅野忠信、民放連ドラ初主演 相棒は初刑事役の神木隆之介

 俳優の浅野忠信が10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『刑事ゆがみ』(毎週木曜 後10:00)で民放連ドラ初主演を飾ることが、わかった。浅野は主人公の犯罪者の心を読める天才偏屈刑事を演じ、彼と凸凹バディを組むことになる正義感強い真面目な後輩には初の刑事役となる俳優・神木隆之介が起用された。浅野はオファーを受けた感想を「ラッキー!と思いました!」と語り「一人では何もできない中年刑事を思う存分楽しみたいと思います! 皆様のおかげです!」と感謝しながらも胸を踊らせている。

【写真】その他の写真を見る


 漫画雑誌『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて連載中の井浦秀夫氏の原作をもとに、真実解明のためには違法捜査もいとわない弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)と真面目ながら実は、ばんばん犯人を捕まえて点数をあげたいと思っている新米刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお)が弓神に振り回されながらも事件を解決していく刑事ドラマ。演出は『ガリレオ』、『任侠ヘルパー』、『昼顔』などを手がけた西谷弘氏が務める。

 神木は初共演で相棒となる浅野について「しっかりとお芝居でご一緒するのは初めてなので本当にうれしい気持ちでいっぱいです。以前、道ばたで偶然声をかけていただいたことがあって、とても気さくで優しい方だと思いました。カフェが好きだとおっしゃっていたので、そんなお話しもできるかな…と今から楽しみです」と期待。「年齢とか関係なく、遠慮せず弓神に突っ込み、たまに突っ込まれるというおもしろい2人になればいいなと思います」と新コンビに意気込みをみせ、浅野も「僕を支えてくれると思います!」と絶大な信頼を寄せた。

 藤野良太プロデューサーは二人と打合せを振り返り「ソファーで並ぶ二人の空気感にドキドキしてしまい、これまでにない魅力的なバディが生まれると確信しました。本作品のコンセプトとして、アクションや謎を解くだけではなく、主人公たちが向き合う事件に“時代性”を込めるというのがあります。そして、それらの事件を、弓神と羽生というバディが、毎回トラブルに巻き込まれながらも解決してゆく姿を、ユーモラスに、セクシーに、スタイリッシュに描いてゆきます」とやる気をにじませている。



関連写真

  • 10月スタートのフジテレビ系木曜劇場『刑事ゆがみ』で共演する神木隆之介、浅野忠信 (C)フジテレビ
  • 10月スタートのフジテレビ系木曜劇場『刑事ゆがみ』で共演する神木隆之介、浅野忠信 (C)フジテレビ

オリコントピックス