• ホーム
  • 芸能
  • 武井咲主演『黒革の手帖』初回視聴率11.7%

武井咲主演『黒革の手帖』初回視聴率11.7%

 女優の武井咲が主演するテレビ朝日系ドラマ『黒革の手帖』(毎週木曜 後9:00)の初回が20日に放送され、番組平均視聴率が11.7%だったことが21日、わかった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 本作で史上最年少で松本清張が生み出した“悪女”に挑んでいる武井。第1話から彼女の目力の強さを際立たせた芝居と演出が印象的だった。

 派遣社員として勤めていた銀行から大金を横領した元子(武井)が、その金と借名口座のリストが記された「黒革の手帖」を盾に、政財界の大物たちと渡り合っていく物語。第1話では堂々と1億8000万円の横領に成功し、東京・銀座に自身のクラブ「カルネ」をオープンさせた。

 元子によって人生を狂わされていく人物を、江口洋介仲里依紗滝藤賢一高嶋政伸真矢ミキ奥田瑛二伊東四朗らが演じる。



オリコントピックス