• ホーム
  • 芸能
  • 向井理&斎藤工、池井戸潤原作ドラマでせりふに苦労「愕然とした」

向井理&斎藤工、池井戸潤原作ドラマでせりふに苦労「愕然とした」

 俳優の向井理(35)、斎藤工(35)が26日、都内で行われたWOWOWの『連続ドラマW アキラとあきら』(7月9日スタート、毎週日曜 後10:00 全9話※第1話無料放送)の試写会に出席。同ドラマの原作は、『空飛ぶタイヤ』『下町ロケット』などで知られる池井戸潤氏。向井は「こういうかちっとした職業ものはあまりやったことがなかったので、楽しみだったのと同時にせりふも大変なんだろうなっていう思いがあって、台本を読んで愕然としました」と苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 向井と斎藤がW主演を務める同作は、自らの意志で人生を選んできたエリートと、自らの能力で人生を切り開いてきた天才、2人の“宿命”を描くヒューマンドラマ。大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬(かいどう・あきら)を向井、父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻ろうされながらも、理想を育んだ山崎瑛(やまざき・あきら)を斎藤が演じる。

 2人が演じたのは、メガバンクに同期入社し、良き友人、ライバルとして互いに刺激しあいながら、苦難を乗り越えていくという役柄。専門用語なども多いせりふに「大変でした」苦労をにじませた向井は、「1話のど頭からバトルが繰り広げられので、そこも見どころになる」とアピール。斎藤も「せりふに関しては僕も愕然とした」と同意し、内容について「ものすごい濃度で動いた時代を切り取った作品なので、のどが乾くように作品を読み漁っていく、これに参加できるんだっていうワクワク感はありました」と振り返った。

 今回で共演は4回目になる2人は、お互いの印象について「スマートでインテリジェンスで温かくて、男の理想」(斎藤)、「同い年で親近感のわく人。いきなり家に来たり、気心が知れている。深く話すこともなく、でも、深くわかり合っている感じ」(向井)と明かした。

 そのほか、石丸幹二田中麗奈賀来賢人が出席した。




関連写真

  • 池井戸潤原作ドラマでの苦労を振り返った(左から)向井理、斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWの『連続ドラマW アキラとあきら』試写会に出席した(左から)賀来賢人、石丸幹二、向井理、斎藤工、田中麗奈 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWの『連続ドラマW アキラとあきら』試写会に出席した向井理 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWの『連続ドラマW アキラとあきら』試写会に出席した斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWの『連続ドラマW アキラとあきら』試写会に出席した石丸幹二 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWの『連続ドラマW アキラとあきら』試写会に出席した賀来賢人 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWの『連続ドラマW アキラとあきら』試写会に出席した田中麗奈 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス