• ホーム
  • 芸能
  • 『女囚セブン』第6話はちょっぴり百合要素あり 山口紗弥加のメイン回

『女囚セブン』第6話はちょっぴり百合要素あり 山口紗弥加のメイン回

 女優の剛力彩芽が主演するテレビ朝日系ドラマ『女囚セブン』(毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)第6話(26日放送)では、山口紗弥加演じる“ヅカ”こと楠瀬司が出所することに。彼女の謎に包まれた過去が明らかになる。

 剛力演じる京都の芸妓・神渡琴音(かみわたり・ことね)は“殺人罪”という無実の罪をかぶり、女子刑務所へ。そこで待ち受けていた女囚たちと激しいバトルを展開しながらも、ひとりずつ懐柔してきた琴音は、先週の第5話でついに自分を陥れ、黒革の手帳の在り処を血眼になって探っている人物の正体が、内藤法務大臣(高嶋政伸)であることを突き止める。最後の刺客として近づいてきた囚人のボス・うめ(木野花)を秘密裏に仲間に引き入れ、いよいよ反撃に出るための準備を開始する。

 うめは、琴音を密かに監視していたのだが、実はもうひとり監視対象がいた。それが司だった。政治資金規正法違反及び詐欺罪で服役していた司は、政界の事情にも精通しており、政治秘書を務めていただけあって頭もキレる。仕草や言葉遣いが男性のように格好いいため、“ヅカ”というアダ名がついたほど。しかし、自分がどんな秘書時代を過ごし、どのような罪を犯したのか、その多くを語ることはなく、司の素性は謎に包まれたままだった。

 実は秘書を務めていた女性議員・高見沢(中谷さとみ)と“ただならぬ仲”にあった司は、愛と志をともにする彼女のために罪を犯し、刑務所に入っていたことが明らかになる。崇め奉る勢いで高見沢に心酔し、彼女のためにどこまでも尽くそうとする司。しかし高見沢には司も知らないもうひとつの顔があった。あることがきっかけでそれに気付いたのは、ほかでもない琴音。忠告するが、司は聞く耳を持たず…。高見沢との誓いを実現するために、出所後もふたたび彼女のもとへ戻ろうとする司に琴音はどんな言葉をかけるのか?



関連写真

  • テレビ朝日系ドラマ『女囚セブン』第6話(5月26日放送)はちょっと百合な話(C)テレビ朝日
  • 女性議員・高見沢楓(中谷さとみ)と、その秘書だった楠瀬司(山口紗弥加)の回想シーン(C)テレビ朝日

オリコントピックス