• ホーム
  • 芸能
  • GLIM SPANKY、ドラマ初出演 内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長』

GLIM SPANKY、ドラマ初出演 内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長』

 松尾レミと亀本寛貴の男女2人によるロックユニット・GLIM SPANKY(グリムスパンキー)が、テレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長』(毎週木曜 後8:00)の第6話(25日放送)にゲスト出演し、ドラマ初出演を果たす。GLIM SPANKYの楽曲「美しい棘(いばら)」が、同ドラマの主題歌に採用されている縁で、実現。1シーンのみの出演ながら、主演の内藤剛志をはじめ、斉藤由貴金田明夫田中圭らメインキャストとからむ“演技”に挑んだ。

 GLIM SPANKYの2人が演じるのは“本人役”で、内藤演じる大岩らに街頭で聞き込みを受け、重要な証言を行う通行人。東京・西新宿の高層ビル街で行われたロケに、早朝から参加した。

 松尾は「実際にせりふを言うとなるとどうやって表現したらよいか本当に難しくて、俳優さんたちはスゴイなと実感しました。内藤さんはめちゃくちゃお若くてオーラがすごかったです。豪華キャストの皆さんとお芝居しながらも、『ホンモノだー! テレビの世界だー!』と心の中は大変で、ドキドキ体験でした!」。

 亀本も「いざ撮影現場に立ってみると、思っていた以上にすごく緊張しました。ライブでは、ほとんど緊張しないのですが…。普通に役を演じることが、実はとんでもなく難しいというのをリアルに学びました」と、貴重な体験を振り返った。

 実は、主題歌に決まる以前から、GLIM SPANKYの音楽に興味を持っていたという内藤は、「CDも自分で買って持っていましたからね!」と告白し、2人を喜ばせた。撮影の合間には、2人の緊張をほぐすかのように音楽の話で盛り上げ、「僕は若い頃、音楽を志していたので、共通項がいっぱいあるんです。音楽の話って、年齢など関係なく弾むんですよね」とニッコリ。撮影後は「演技は100点満点です! 自然体でよかったと思います。2人とも『緊張しています』と言っていましたが、全然顔に出ないのがすごいね! もともと生徒会長と副会長だから人前に立つことに慣れているのかな(笑)」と、マニアックな知識をからめて絶賛し、本人たちを驚かせる一幕もあった(2人は同じ長野県松川高校の出身で、松尾が副会長、亀本が生徒会長を務めていた)。

 第6話は、ビルの屋上で、飛び降り自殺の寸前につまずいて死んだ資産家の遺体が発見されたところから始まるストーリー。被害者は、余命3ヶ月でありながら死の1週間前にミステリアスなホステス(井上和香)と再婚していたことが明らかになる。捜査一課長・大岩(内藤)たちが、“つまずいた男”の死の謎に迫っていく。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス