• ホーム
  • 芸能
  • 瀬戸康史、英語教師役「変わるきっかけに」 櫻井翔主演『先に生まれただけの僕』

瀬戸康史、英語教師役「変わるきっかけに」 櫻井翔主演『先に生まれただけの僕』

 俳優の瀬戸康史が、10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(毎週土曜 後10:00)に出演することが、わかった。櫻井翔演じる元エリート商社マンながら会社の辞令で私立高校の“校長”に就任した鳴海涼介が赴任先で出会う英語科教師・島津智一を演じる。島津は、教育界では新しい授業スタイルと言われている“アクティブラーニング”のエキスパートとして、学校改革の鍵を握る人物を演じる。

 とある民間企業が経営する「不採算部門」とされた、「定員割れギリギリ」校である京明館高校を立て直すためにやってきた鳴海だが教育現場をまったく知らない彼は、突然の「校長」という立場と、これまでのビジネスの常識とはかけ離れた「学校」という現場の実態に困惑する。そんな彼が思い立ったのはアクティブラーニングという教師が一方的に教えるのではなく、授業の主導権を生徒たちに与え、生徒たち自身に考えさせる授業だった。

 実は英国に留学経験を持ち、ネイティブ並の発音で英語が話せるものの人見知りな性格が災いし、教員や生徒からも存在感が薄かった島津。しかし彼が実践したアクティブラーニングの授業に鳴海は興奮し、学校改革の第一弾となる「生徒の学習意欲を喚起させる授業への変更」が実施。カリキュラムや、学校の理念さえも変わっていくこととなる。実は現職の教師で最初は鳴海に反発しながらも触発されていくヒロイン・真柴ちひろ(蒼井優)に好意を持っていた島津が自信を持ったことが吉と出るのか凶とでるのか…。

 実際にアクティブラーニングの授業を見学したという瀬戸は「生徒の皆さんがとても積極的に自ら授業に参加していて、自分が学生の頃にこんな授業が存在していたら、もっと『やらされている』感覚でなく勉強ができたのかな、と考えたりしました」と感嘆の声を漏らす。

 「このドラマは、櫻井さん演じる鳴海校長と僕ら教師たちが、学校を変えようと奮闘するストーリーです。ご覧になる方たちにも、何かが変わるきっかけになるような作品だと思いますし、それと同時に、僕自身が変わるきっかけにもなり得ると感じます」と手応えを明かし「何かに挑戦したり、何かを変えたりすることは、不安や恐怖がつきもので、上手くいかないことを周りのせいにしがちですが、やってみたら意外とうまくいったり、今まで自分の知らない世界が見えてくると思います。そんなふうに勇気を出して、背中を押してくれる作品になるはずです」と自信を込めている。



オリコントピックス