• ホーム
  • 芸能
  • 長谷川博己&市川実日子『シン・ゴジラ』コンビ再共演 『日曜劇場』で夫婦役

長谷川博己&市川実日子『シン・ゴジラ』コンビ再共演 『日曜劇場』で夫婦役

 女優の市川実日子が、16日スタートのTBS系ドラマ日曜劇場『小さな巨人』(毎週日曜 後9:00)に、主演の長谷川博己が演じる香坂真一郎の妻・美沙役で出演することが7日、明らかになった。長谷川と市川は、昨年の大ヒット映画『シン・ゴジラ』でも共演し、ゴジラ対策本部で見事なチームワークを見せたが、今回は夫婦として再共演する。

 同作は警視庁と所轄の確執、警察内部の戦いを克明に描いた警察エンターテインメント。警視庁の精鋭集団である捜査一課の有能な刑事だった香坂は、将来はノンキャリ最高峰のポジションと言われる“捜査一課長”を有望され、それに目指して邁進していた。しかしある取り調べの際にミスを犯し、所轄へ左遷。出世街道から外されてやってきた所轄で、小さな事件でも不器用ながら己の正義を信じ事件に挑む同僚たちと出会う。

 市川が演じる美沙は、香坂の妻で結婚を機に専業主婦として家族用の公舎に住み、夫の激務を支えながら家庭の実権を握る役どころ。警察内部の人間模様をダイナミックに描く同作に「ざわざわハラハラします」と胸を躍らせ、「香坂の信じていくものや言葉は、性別も職業も関係なく、人にとって大事なものなのではないかと感じました。香坂家のシーンが観てくださる方に少しでもホッとできるものになったらうれしいです」と意気込む。

 さらに、『シン・ゴジラ』で里見総理大臣臨時代理秘書・風越雄役で出演していた神尾佑や、文部科学大臣・関口悟郎役の手塚とおるも出演。昨年の日本の夏を大いに興奮させた面々が、警察内部の戦いを克明に描く警察エンターテインメントを盛り上げる

 また、とある事件のキーパーソンとなる謎の女役で、女優・モデルの佐々木希の出演も決定。「どういった存在かがわからない不思議さを、少しでも感じていただけるように表現したいです」と、骨太なドラマにミステリアスな華を添える。

 そのほか、同作には岡田将生芳根京子安田顕桂文枝、木場勝己、春風亭昇太香川照之らが出演する。



関連写真

  • 長谷川博己の妻役を演じる市川実日子 (C)TBS
  • TBS系ドラマ日曜劇場『小さな巨人』に出演する佐々木希(C)TBS

オリコントピックス