• ホーム
  • 芸能
  • 渡瀬恒彦さんを追悼「十津川警部シリーズ42」3・27再放送

渡瀬恒彦さんを追悼「十津川警部シリーズ42」3・27再放送

 今月14日に72歳で亡くなった渡瀬恒彦さんを偲び、27日、TBS系で『西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズ42「九州ひなの国殺人ルート」』(後8:00〜10:54)が放送される。同作は、2009年9月28日に放送された十津川警部シリーズの代表作のひとつ。渡瀬さんが主演した十津川警部シリーズは全54作を数えるが、この「九州ひなの国殺人ルート」は3時間スペシャルとして製作され、番組の魅力である旅情をたっぷりと描き、事件の裏にある壮絶な人間模様をあぶりだして、ファンには特に印象に残る作品だった。

 都内で全裸の女性の遺体が発見される。太股に彫っていた刺青を手掛かりに、女がイヴという名のコールガールで大分県日田市の出身だと判明。十津川警部(渡瀬)と、十津川が最も信頼する亀井刑事(伊東四朗)は日田に向かい捜査を開始する。ところが、地元の刑事は何かを隠している様子。その後、イヴは地元の大物政治家の娘らしいとの証言も飛び出すが、捜査は難航。しかし十津川はやがて、イヴが残したひな人形に事件の謎を解く鍵が秘められていたことに気づく…というストーリー。

 撮影時は、日田市民の協力を得て、観光名所やグルメなども盛り込んだ大ロケーションを敢行。ドラマのクライマックスの舞台、日田祇園祭も再現。大きな山車を中心にした迫力いっぱいの祭りの賑わいがドラマを盛り上げた。

 渡瀬さんはこの撮影時に初めて日田市を訪れ、江戸時代は天領として栄え、ほかにはない文化が伝わる街並みでの撮影を楽しんだという。当時、渡瀬さんは「街に独特の風情がある。スタッフが熱心にロケハンをして、撮影をしているので、こちらに住んでいる人もあらためて街の魅力を発見できるような映像に仕上がっていると思う」と感想を語っていたそうだ。



関連写真

  • 追悼 渡瀬恒彦さんを偲ぶ 『西村京太郎サスペンス  十津川警部シリーズ42「九州ひなの国殺人ルート」』TBS系で3月27日放送(C)TBS
  • 十津川警部役の渡瀬恒彦(C)TBS
  • 十津川警部(渡瀬恒彦)と亀井刑事(伊東四朗)はひな人形に込められた謎を説く(C)TBS

オリコントピックス