• ホーム
  • 芸能
  • 沖縄ローカル局がベトナムのテレビ局とドラマを共同制作

沖縄ローカル局がベトナムのテレビ局とドラマを共同制作

 沖縄・ベトナム合作テレビドラマ『遠く離れた同じ空の下で』が、20日(後2:05〜4:30)にQAB琉球朝日放送(沖縄ローカル)で放送される。沖縄のテレビ局に勤め、ベトナムに興味を持つ女性リポーター・英里と、ベトナムからの男子留学生・ハイが沖縄で出会い、愛を育むラブストーリー。ベトナムではすでに放送済み。沖縄を題材にしたコンテンツを海外で展開することによって、訪日外国人観光客(インバウンド観光客)の誘致にもつながる期待を込めて企画された。

【写真】その他の写真を見る


 日本のローカル局QABとベトナム国営放送(VTV)が提携するのは初の試み。日本とベトナムのキャスト&スタッフが入り混じり、昨年10月に沖縄県内各所で撮影。美ら海水族館、ニライカナイ橋、首里城、琉球ガラス村などの観光名所が登場する。

 せりふ(言語)は日本語・英語・ベトナム語が混在。日本側の演出は、日本ベトナム外交関係樹立40周年記念作品『ザ・パートナー』、連続ドラマ『家族のカタチ』(どちらもTBS)などを手掛けた松田礼人氏が務めた。

 主人公の英里を演じるのは、沖縄県浦添市出身のモデルで、本人曰く「お芝居のレッスンを始めたばかり」でヒロインに抜てきされた宮城夏鈴(みやぎかりん/24)。留学生・ハイ役には、ベトナムの人気俳優クァン・スゥが起用された。

 2016年10月9日、那覇大綱挽会場で、幸運をもたらす綱をめぐって最悪の出会いをしてしまった英里とハイ。ベトナムに興味を持った英里は、取材を通しハイと再会し、お互いを意識しはじめるのだが…。ハイには恋人ミフンがいて、英里の元カレもよりを戻そうと猛烈アピールしてくる。厳しい戦争を体験したベトナムと沖縄の人々の心を動かすものは? 2人の愛は2500キロの距離を越えられるのか。

 ほかに、ゴリガレッジセール)、吉田妙子、きゃんひとみ、新垣正弘、黒島笑瑠、デビッド・シェーン、城間祐司、泉&やよい、大嶺淳、アカバナ―青年会が出演。

■3月27日まで公式サイトで見逃し配信中。
http://www.qab.co.jp/drama/minogashi



関連写真

  • 沖縄・ベトナム合作テレビドラマ『遠く離れた同じ空の下で』QAB琉球朝日放送(沖縄ローカル)で3月20日放送(写真提供:QAB)
  • 那覇大綱挽が二人の出会いの重要なシーンに(写真提供:QAB)
  • ガレッジセールのゴリが出演(写真提供:QAB)
  • 沖縄・ベトナム合作テレビドラマ『遠く離れた同じ空の下で』QAB琉球朝日放送(沖縄ローカル)で3月20日放送。琉球ガラス村にて(写真提供:QAB)
  • 沖縄・ベトナム合作テレビドラマ『遠く離れた同じ空の下で』QAB琉球朝日放送(沖縄ローカル)で3月20日放送。ガレッジセールのゴリが出演(写真提供:QAB)
  • 沖縄・ベトナム合作テレビドラマ『遠く離れた同じ空の下で』QAB琉球朝日放送(沖縄ローカル)で3月20日放送。カジマヤーのシーン(写真提供:QAB)
タグ

オリコントピックス