• ホーム
  • 芸能
  • 小出恵介、明石家さんま役で声枯れる 重要なのは「声の音量、高さ、テンポ」

小出恵介、明石家さんま役で声枯れる 重要なのは「声の音量、高さ、テンポ」

 お笑いタレントの明石家さんまが初めて企画・プロデュースを手がけ、芸人で画家のジミー大西の半生を描くNetflixオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』。ありえないエピソードの数々に笑い、最後にはホロリとさせてくれる同作で、さんま役を演じる小出恵介は「寄せていくことがかなり重要。特に声の音量、高さ、テンポは大切」と考え、役作りに余念がない。

 同作では、さんまとジミーが濃密に関わった80年代を舞台に、師弟の絆を描きつつ、実話とは信じ難いジミーの仰天エピソードをドラマとして昇華。そのほか、中尾明慶尾上寛之、六角慎司、宇野祥平中村靖日八十田勇一、中村育二、木南晴夏らが出演。全9話で配信サービスの世界大手「Netflix」により、今夏、世界190ヶ国に配信される。

 このほど、撮影現場が報道陣に公開された。小出は「正直、最初は結構悩んだ」と打ち明け、「さんまさんとここまで向き合うことは今後ない、いい経験になると思って挑戦させていただいた」と決意。「さんまさんはリアリティーのない部分がどこかにある。そんな存在を演じる手応えは、なかなかつかめないです。でも、そこにやりがいがある」と前を向く。

 誰もが知る“お笑い怪獣”を演じるにあたり、まず考えたのは“寄せること”。「声の音量、高さ、テンポは大切です。すぐに声枯れましたね。枯れるまで一瞬でした。さんまさんは本当に喉が強い」と苦労も。「引き笑いも何回かやっているけれど、慣れると私生活でも自然に出てきちゃって、周りからちょっと引かれました(笑)」。

 演じていて、自身の心に突き刺さるせりふも多い。「『人を喜ばせることが自分の楽しみ』というせりふがあるんです。さんまさんが持っているそういう思いは、僕も一緒」。役柄に真摯に向き合うだけではなく、共感するその思いもドラマの質を高める理由の一つ。よく通る大阪弁で芝居する小出の姿を見て、完成がより楽しみになった。



関連写真

  • Netflixオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』で明石家さんまを演じる小出恵介 (C)2016YDクリエイション
  • ジミー大西役の中尾明慶(C)2016YDクリエイション
  • Netflixオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』 (C)2016YDクリエイション

オリコントピックス