• ホーム
  • 芸能
  • “黒い”林家たい平登場、帰ってきたジュウオウジャーに悪のボス役で出演

“黒い”林家たい平登場、帰ってきたジュウオウジャーに悪のボス役で出演

 50年以上放送され続けている国民的人気番組『笑点』(日本テレビ)でおなじみの落語家・林家たい平が、1月に放送を終えた『動物戦隊ジュウオウジャー』(テレビ朝日)の続編Vシネマ『帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦』に悪のボス役で出演することが明らかになった。

 たい平が演じるのは、平和が訪れたはずの地球を、再び恐怖のどん底に陥れる宇宙マフィア、ポカネ・ダニーロ。「子どもたちが小さい頃、よく後楽園(東京)の戦隊ショーに連れて行った思い出があります。また私は『笑点』を戦隊にたとえ『落語を世界に広める7レンジャー』と言っております。色も似てますしね。まさか本物から声がかかるとは夢にも思っていませんでした。それも悪のボス役。いつもとまったく違うたい平を見せられたらいいなぁと思っております。“黒いたい平”をぜひお楽しみください」とコメントを寄せた。

 人間とジューマンが共に生きる星となった地球。それぞれが平穏な生活を送る大和たち6人に地球王者を決定する武道大会の招待状が届き、再び真理夫おじさんの家に集まった。大和、セラ、レオ、操は人間とジューマンの友好を深めるためにも新しい地球の王者を目指し参加を決意。タスクとアムはペルルと共に応援に行くことに。

 順当に勝ち上がったセラとレオの因縁の戦いも決着の時を迎えようとしていた。その頃、地球王者決定戦が宇宙マフィアであるポカネ・ダニーロのお金儲けのために仕組まれた大会だと気付いたバドは大和を連れ出し敵のアジトに乗り込む。するとそこでポカネが人間やジューマンを宝石にして売りさばくという驚愕の事実を知る。さらに大和をかばったバドまでも宝石にされてしまったのだ。バドの機転でなんとか逃げのびた大和は再び地球を救うためポカネのカジノへの潜入捜査を開始する。

 スーパー戦隊シリーズ 40 作目のメモリアル戦隊として1年間を走りきったジュウオウジャーたちの新たなる敵として、“黒いたい平”が立ちはだかる。

 『帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦』DVD&Blu-rayは6月28日発売。



関連写真

  • 林家たい平、Vシネマ『帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦』悪のボス役で出演
  • DVD&Blu-rayは6月28日発売(C)2017 東映 AG・東映ビデオ・東映  (C)2016 テレビ朝日・東映 AG・東映

オリコントピックス